“乃木坂46の全てを見てきた”最後のメンバー・齋藤飛鳥、ラストMVにファン感慨「乃木坂の軌跡そのもの」

“乃木坂46の全てを見てきた”最後のメンバー・齋藤飛鳥、ラストMVにファン感慨「乃木坂の軌跡そのもの」

 アイドルグループ・乃木坂46の31枚目シングル「ここにはないもの」が7日、リリースされ、初回仕様限定盤Type-A収録曲の齋藤飛鳥ソロ曲「これから」のミュージックビデオ(MV)が7日、YouTubeで公開された。



【写真7点】乃木坂46卒業を控える齋藤飛鳥ソロ曲「これから」MV場面カット



 1期生最年少として2011年8月に加入し、11年間の活動を経て卒業を発表した齋藤飛鳥のこれまでの歩みと現在、そして“これから”別の場所へ向かう姿を映し出すことをコンセプトに制作。撮影は11月末と12月頭に行われた。



 動物園では動物たちとふれあい「とにかく楽しい!」とはしゃぐ姿を8ミリフィルムで撮影。これまでのライブや舞台、MVなどの映像が流れる中踊るダンスシーンでは“足跡”が描かれ、現在と過去の齋藤が交錯する。



 乃木坂46の最初から現在まで全てを見てきた最後のメンバー(1期の秋元真夏は活動休止期間あり)である齋藤のラストMVに、ファンからは「1期生の結晶のような存在」「11年間の成長と卒業の儚さを同時に感じて目頭が熱くなった」「始まりから涙が止まらなかった」「乃木坂が歩んできた軌跡そのもの」などの反響が寄せられた。
カテゴリ