【相棒】シリーズでも随一“秀逸すぎるタイトル”にファン考察「洒落がききすぎ」

【相棒】シリーズでも随一“秀逸すぎるタイトル”にファン考察「洒落がききすぎ」

 俳優の水谷豊と寺脇康文がタッグを組む、テレビ朝日系連続ドラマ『相棒season21』(毎週水曜 後9:00)第8話「コイノイタミ」が7日に放送された。



【場面カット】夫も子もある女性とおだやかに笑い合う伊丹刑事



 今回は捜査一課の伊丹憲一(川原和久)が横恋慕の末に暴走した真相に特命係が挑んだ。伊丹は、夫も子もある女性に横恋慕し、大河内春樹首席監察官(神保悟志)の聴取を受けていた。発端は2日前に起きた殺人事件。投資会社勤務の大久保という男性が自宅で殺害され、『え』『つ』と読める血文字が発見された。容疑者として浮上したのが、篠塚というチンピラ。2年前、ひったくりで逃走中の篠塚を、取り押さえたのが大久保だった。



 捜査一課は、お礼参りの線で篠塚の行方を追跡するが、その矢先、伊丹が思わぬ行動に出る。篠塚の立ち寄り先として目星を付けていたアパートに、女性が子供と帰宅したところ、強引に室内に押し入った。女性は、篠塚の妻・由香子(霧島れいか)。彼女は弁当店に勤め、伊丹は店の常連だった。



 交際相手の女性には夫がいて、しかもそれが被疑者と知って頭に血が上ったのでは…と勘繰る声もあったが、伊丹は完全黙秘。そんな中、杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)が捜査に乗り出すと、『え』『つ』に当てはまる怪しげな人物が次々に浮上。伊丹の暴走の理由を突き止め、事件を解決できるのか…というストーリー。



 「コイノイタミ」というタイトルが「恋の痛み」「恋の伊丹」とダブルミーニングで読み取れることから、ファンからは「これまでにあってもよさそうでなかった秀逸なタイトル」、「洒落が効きすぎてる」、「ダブルミーニングですごい」などの反響が寄せられていた。
カテゴリ