ココリコ田中、沖縄美ら海水族館で小学生に「海洋生物保護」の講義

ココリコ田中、沖縄美ら海水族館で小学生に「海洋生物保護」の講義

 ジェームズ・キャメロン監督の最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の公開(12月16日)を記念してスタートした、海洋生物保護を目的とするグローバルキャンペーン「Keep Our Oceans Amazing(わたしたちの素晴らしい海を未来に残そう)」の日本独自の活動として、沖縄美ら海水族館で8日、海洋生物を紹介する特別講座が開催され、お笑いコンビ・ココリコの田中直樹がサプライズ登壇した。



【動画】『アバター』13年ぶり新作「自分のキャラクターを一言で言うと?」



 自然豊かな沖縄の海をそのまま展示し、海洋生物の調査研究活動や希少生物の保護活動なども行っている沖縄美ら海水族館に、地元の子どもたち(本部小学校の6年生90人)を招待。芸能界随一の生き物好きで、サメが大好きな田中が、同水族館統括・サメ博士の佐藤圭一氏とともに講師を務めた。



 子どもたちは、『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』に登場するパンドラの海洋生物とも共通点を持つ10種類の危機に瀕する海洋生物の中から、沖縄の海に生息し、沖縄美ら海水族館でも飼育されている「タイマイ」「マンタ」「ジンベエザメ」の生態や特徴などを学んだ。



 佐藤統括は「沖縄の美しい海を当たり前と思わずに、もっと海の生き物に関心を持ってもらい、将来私たちと一緒に仕事をしてくれる人が出てきてくれるとうれしいです」と、次世代を担う子どもたちにエール。



 田中は「今回改めて前作の『アバター』を見返しましたが、この13年間で地球環境がものすごいスピードで大きく変わっているので、今の地球の生き物たちが置かれている状況を踏まえて観ると、メッセージの受け取り方が違いました」と地球環境の側面からも強いメッセージを感じたことを明かした。



 さらに「海をテーマにした今回の作品にも、僕たちが受け取らなければならないたくさんのメッセージが詰まっていると思います。映画を観て皆さんが何を感じるのか。僕自身何を感じるのことができるのか、しっかりと楽しみたいです」と、同じく自然を愛するジェームズ・キャメロン監督の最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』へ寄せる熱い期待を語っていた。



 「Keep Our Oceans Amazing(わたしたちの素晴らしい海を未来に残そう)」では、オンラインで『アバター』をモチーフにした自分だけのオリジナルクリーチャーを作ることができるコンテンツ「バーチャル・パンドラ・オーシャン」を展開。参加すると、1体につき5ドル(約683円※)、最大で100万ドル(約1億3600万円※)が、ディズニーから自然保護団体ネイチャー・コンサーバンシー(TNC)

へ寄付される。※12月8日の米ドル/円為替レート:136.73円で計算



 講座の後には、田中がiPad を利用して、子どもたちと一緒に「バーチャル・パンドラ・オーシャン」にクリーチャーを作るデジタル体験も行い、“あの年末恒例の

掛け声”を彷彿させる「田中アウト」と名付けられたクリーチャーが「バーチャル・パンドラ・オーシャン」に放たれた。その後、子どもたちもグループ単位でそれぞれのクリーチャーづくりを楽しんだ。



 イベントに参加した金城采之介(きんじょう・あやのすけ)さんは「小さなゴミ一つが生き物の命を奪ってしまうことを知ったので、これからはゴミを拾ったり、ゴミを捨てる人を注意したりと、自分にできることを考えたいと思います」。小山結夢(こやま・ゆめ)さんは「田中さんはわかりやすく、佐藤さんは詳しくお話してくれたので、とても良かったです。本部町の海を守るために、地域の人と一緒にゴミ拾いをしたいと思います」。喜納香美琉(きな・かみる)さんは「魚を傷つけたり、ゴミを捨てたりしている人間がいると知って、とても悲しいです。プラスチックをなるべく使わないようになど、気を付けたいと思います」と話し、それぞれ環境への関心を高めていた。
カテゴリ