圧倒的な吸収率のリポソーム化液体コラーゲン「Lipo・Colla」が新発売!

圧倒的な吸収率のリポソーム化液体コラーゲン「Lipo・Colla」が新発売!


リポソーム化液体コラーゲン「Lipo・Colla リポ・コラ」11,550円(税込)が、公式オンラインショップにて1月6日(金)より販売中だ。

効率的に体内へ取り込む



同製品は、体内への「吸収率」にこだわっている。コラーゲントリペプチド含有成分を「リポソーム」という人工のカプセルに包み込むことで、効率的に体内に取り込めるDDC(ドラックデリバリーシステム)技術を採用。

加齢とともに量・質ともに低下していくコラーゲンを「リポ・コラ」で補うことで、しなやかで健康的な毎日をサポートしてくれる。

腸に届くと有効成分が放出


「リポソーム」とは、レシチンなどのリン脂質でできた膜の多重層からなるカプセル。リポソームの中にコラーゲンなどの有効成分を閉じ込めると、胃液による影響を受けずに腸まで届けられる。腸に届くと腸液により、リポソームの膜が分解され、有効成分が放出されるという。

コラーゲンを効率よく吸収


同製品は、有効成分の安定性や吸収率にこだわり、粒子の大きさが約100nm(ナノメートル)のリポソームでつくられている。

また「リポ・コラ」は超低分子コラーゲンである、「コラーゲントリペプチド」を含有している。コラーゲントリペプチドは分子が小さいため体内にスムーズに浸透。圧倒的な吸収率で、コラーゲンを効率よく吸収できるそう。

効果が出るのは「塗るより飲む」



一般的にコラーゲンは、胃腸でアミノ酸などに分解された後に体内に吸収されるといわれている。

リポソーム化したコラーゲンは、経口摂取しても胃で溶けず腸までしっかり届くので、まるで点滴のように効率よくコラーゲンを腸から吸収できるという。

40歳ではピーク時の50%まで減少


体内のコラーゲン量のピークは20代前半といわれており、25歳頃から減少が始まる。そして、驚くことに40代ではピーク時の50%にまで減少するという。それは加齢によりコラーゲンを生み出す力が弱くなるため。

お肌のコラーゲン量は40歳を過ぎたころから急激に減り始め、それまではあまり気にならなかったハリや弾力、目尻の小じわやほうれい線など、お肌の老化が気になり始める人も。

お得な定期購入の先行発売も開始


「リポ・コラ」は、上質なコラーゲントリペプチドのほか、4種の優秀なサポート成分を配合。 GMP認定の国内工場にて製造している。現在【お試し定期キャンペーン】を実施中だ。

定価10,500円(税込11,550円)のところ、初回限定特別価格は、66%OFF 3,570円(税込3,927円)で、2回目・3回目21%OFF 価格は8,290円(税込9,119円)で、4回目以降はずっと29%OFF 価格は7,500円(税込8,250円)となる。ただし、初回を含めて3回の継続が必要等の条件があるので、公式サイトで確認してほしい。

「Lipo・Colla リポ・コラ」公式サイト:https://kaori28.co.jp/

(鈴木 京)
カテゴリ