小出恵介、藤原さくら&日高七海の「みんな大好きな座長」「生きてたんだ」に照れ笑い

小出恵介、藤原さくら&日高七海の「みんな大好きな座長」「生きてたんだ」に照れ笑い

 俳優の小出恵介(38)、藤原さくら(27)、日高七海(31)が23日、都内で行われた映画『銀平町シネマブルース』(2月10日より全国順次公開)の完成披露試写会に参加した。



【動画】藤原さくら、“座長”小出恵介をベタ褒め!?「本当に優しかった…」



 潰れかけの映画館 “銀平スカラ座”を舞台にした群像悲喜劇。主演した小出との共演の感想を語ることに。藤原は「小出さんは本当に優しかったです。主演で、みんなをまとめられる立場でもあった。気軽に話しかけてくださった。同じ目線でお話してくださるのが心地よくて、みんな大好きな座長でした」とする。



 日高は「小さいころから見ている憧れのスター。いろんないい作品に出られていて『生きているんだ!』と驚きました。目を合わせてくれてよかったです」と口にすると、小出は「どういうことよ」と苦笑いでツッコんでいた。



 かつて青春時代を過ごした街・銀平町に帰ってきた一文無しの青年・近藤は、ひょんなことから映画好きのホームレスの佐藤と、商店街の一角にある映画館・銀平スカラ座の支配人・梶原と出会い、バイトを始める。同僚のスタッフ、老練な映写技師、売れない役者やミュージシャンに映画を夢見る中学生まで、個性豊かな常連客との出会いを経て、近藤はかつての自分と向き合い始める。



 舞台あいさつには、城定秀夫監督も参加した。

カテゴリ