「メンバーが変わってもずっと乃木坂46」次世代メンバーがそれぞれの決意 齋藤飛鳥&秋元真夏への思いも

「メンバーが変わってもずっと乃木坂46」次世代メンバーがそれぞれの決意 齋藤飛鳥&秋元真夏への思いも

 人気アイドルグループ・乃木坂46のオフショット写真集『乃木撮』の第3弾となる『乃木撮 VOL.03』(講談社)が、24日に発売された。本作には、2020年から約3年間にわたるオフショットが収録されている。発売を記念し、久保史緒里(21)、賀喜遥香(21)、井上和(17)、菅原咲月(17)の4人にインタビューを実施。この3年間では多くのメンバーが卒業し、キャプテンの秋元真夏も今年2月に卒業を発表しているが、グループの次世代を担う3期・4期・5期がそろった今回、今年12周年を迎える乃木坂46で達成すべきそれぞれの課題を聞いた。



【撮り下ろしカット】仲良しカップルショットも!素の笑顔見せる次世代乃木坂メンバー



■「先輩になるための準備期間」久保史緒里&賀喜遥香、先輩の卒業と五期生加入で立場に変化



――同写真集には、2020年から2022年の約3年分のオフショットを掲載していますが、この3年は乃木坂46にとっても大きく変化した3年間でした。さまざまな場面でメンバーの皆さんの成長も見られる写真集になっていると思いますが、この3年を振り返って成長したと感じるところは?



【久保】この3年は先輩方のご卒業も続いて、三期生の立場からすると、ちょうど先輩側の立場に立っていく準備をしていた3年間でした。先輩方のご卒業があるたびに、すごい責任感が募っていって。五期生も入ってきて、頼られることも覚えた3年間だった気がします。



あと、推しメンだった先輩や、仲良くしていた先輩の卒業で泣いている同期を近くで見てきて、すごく感じるものがありました。同期を初めて送り出した年でもあったので、この3年の間に強くなったと感じます。



【賀喜】初めて選抜メンバーに選んでいただいたのが、ちょうど3年前くらいで、握手会もやってましたし、声が出せるライブもまだあったくらいで。先輩と一緒にパフォーマンスさせていただく機会が増えて、「全部ちゃんとやらなきゃ」、「一つもミスったらダメだ」ってずっと気を張っていたのを覚えています。自分の個性をどうやって出すかっていうのを3年間ですっごい悩んで、個性豊かな四期性の中でどうやったら見てもらえるんだろうと考えていました。



でも、活動していく中で、自分のいいところをメンバーが見つけて教えてくれるんです。同期や先輩方がヒントをくれて「私のいいところはこういうとこなのかもしれない。ここをちょっと伸ばせるように頑張ってみようかな」と思って成長できたと思います。久保さんがおっしゃったように、私たちもこれからがその準備期間になるんだろうなと思うので、もっと頑張らなきゃなって思いました。



■久保史緒里、齋藤飛鳥は「一言で私たちをやる気にさせてくれる」 卒業メンバーへ赤裸々な思い明かす



――五期生のお二人は、昨年加入されたばかりですが、デビュー1年目を振り返ってみていかがですか。



【井上】加入する前よりも人見知りが無くなってきたと思います。乃木坂46の先輩方みたいになりたいって気持ちが強かったので、そのためにはまず話せなきゃいけないぞというところから私はスタートして。これまでの私からしたら、年齢や地域も別々の子たちと集まって、こんなに仲良くなれると本当に思ってなかったし、先輩方ともこうやって話せると思っていなかった。1歩踏み出す勇気がこの1年でついたなとすごい思います。



【菅原】私は、加入したっての頃は同期の中で1番の泣き虫だったんですけど、この1年で私含めてみんな泣かなくなったなと。あとは、たくさんのライブを先輩方と一緒にやらせてもらう機会をいただいて、先輩方って本当に私たちのことまでちゃんと見てくださってるんだなっていうのを実感した1年でした。



――昨年いっぱいで齋藤飛鳥さんが卒業され、今年2月にはキャプテンの秋元真夏さんが卒業されます。『乃木撮』ではお二人をはじめ、卒業メンバーの写真も多数掲載されていますが、先輩たちと思い出に残っている出来事はありますか。



【久保】唯一飛鳥さんとポジションが隣だった「僕は僕を好きになる」で、飛鳥さんから「久保が隣だから、好きなように踊れるよ」っていう言葉をもらったのが、いまだにすごい覚えていますね。それが「もっとダンスを頑張ろう」って思えたきっかけで、一言で私たちをやる気にさせてくれる先輩でした。



実は飛鳥さんがご卒業を発表されてから、別れが惜しくなるから避けていたんですよ。不器用で近づきに行けないタイプなんですけど、「久保チャンネル」(ファン向け動画企画)で飛鳥さんに本心を伝えてからは、いっぱい話せるようになりました。でも、話しかけ方がわからなくて、とりあえず飛鳥さんの前に立ってみたりとかしてたんですけど、飛鳥さんに「下手かよ」ってずっと言われるくらい、コミュニケーションの取り方は下手だったと思います(笑)。



【賀喜】私は、(前キャプテンの)桜井玲香さんが卒業され、真夏さんがキャプテンに任命されたときの、引き継ぎの瞬間をものすごい覚えています。真夏さんは本当にどストレートな“愛”を伝えてくださるんです。私は真夏さんがいなくなってしまったら、生きていけないんじゃないかっていうぐらい大好きで、私が表題曲でセンターだった期間も、何も言わずにそばにいてくれて、ものすごい心の支えになっていた存在でした。



■「これからの乃木坂46も大丈夫」バトンつながる4人の決意



――これまで一期生、二期生の背中を追ってきたみなさんが、これからグループの先頭に立つことになりますが、それぞれ皆さんが課題とすべきことはありますか。



【菅原】12月に五期生だけのライブを初めてやらせていただいたんですけど、そこで普段先輩方に甘えてたんだなという部分を全員すごく痛感しました。もっと自分たちもしっかりしていかなきゃと思いましたし、11周年のバースデーライブでは、「初めてだから何もわかりません」と言えなくなるので、グループの一員という自覚や責任感を持ちながら、活動していきたいです。



【井上】この1年で乃木坂46を中から見てきて、同期も含めて皆さん自分の戦う“矛”をしっかり持ってるなと思うんです。さまざまなジャンルで、それぞれ強いメンバーがいて、自分にはあるのかなって。同じ五期生の活躍もすごく目に見えてきて焦りも感じるので、新人だからと言い訳しないで、自分が戦える矛を作って磨いていきたいなって思います。



【賀喜】2人を見てると昔の自分見てるみたい(笑)。もう新人じゃないから頑張らなきゃって同じように思っていました。私たち四期生は、もう先輩になって、4年目だし全然新人でもない。だからこそ、それぞれが個人で輝けるように、もともと頑張っていきたいなと思いますし、その個人で輝けるところ見つけた上で、それをグループに持って帰ってきて、もっとグループを大きくできたらとも思います。



【久保】後輩たちが「もっと頑張らなきゃ」って話をしていましたけど、それには終わりがなくて、どうしても苦しいときが来るので、そんな時に「あなたは頑張っているよ、大丈夫だよ」って言ってくれるのはやっぱりメンバーの存在。そんな連鎖がずっと続いているから、乃木坂46はメンバーが変わってもずっと乃木坂46の色のまま続いているんだなと思うんです。



三期生のこれからの役目は、後輩たちに、自分たちの強みを見つけやすい環境を用意すること。後輩たちにいろんな道があるよっていうのを提示できるように、私たちが個人でどんどん外に出ていって、輪を広げていくことがこれからの課題だと思うので、そんな連鎖がメンバーや期を超えて、これからも続いていけば、これからの乃木坂46も大丈夫なんじゃないかなってすごく思います。



●『乃木撮 VOL.03』

本作は2017年2月から写真週刊誌FRIDAYに連載されている『乃木撮』をまとめたもので、メンバー全員がカメラマンとなり、お互いの赤裸々な素顔を撮影する名物企画。過去に発売された『乃木撮VOL.01』(2018年6月)と『乃木撮VOL.02』(2019年12月)の累計発行部数は50万部を突破し、乃木坂46写真集の最大ヒットシリーズに。第3弾となる本作には20年から22年にわたる約3年間のオフショットが過去最大となる777枚が収録される。
カテゴリ