『罠の戦争』大活躍の新人秘書・眞人(杉野遥亮)、視聴者から祝福&演技に反響「期待以上の表情しぐさ」「大活躍じゃん!」

『罠の戦争』大活躍の新人秘書・眞人(杉野遥亮)、視聴者から祝福&演技に反響「期待以上の表情しぐさ」「大活躍じゃん!」

 俳優の草なぎ剛が主演する、カンテレ・フジテレビ系“月10ドラマ”『罠の戦争』(毎週月曜 後10:00)第2話が23日に放送された。新人秘書・眞人(杉野遥亮)の活躍とその素性に反響が寄せられている。



【場面写真】大臣の前で…直接対決を果たした草なぎ剛&田口浩正



※以下ネタバレあり



 同話では、眞人の兄が衆議院議員・犬飼孝介(本田博太郎)に会社経営の件で陳情するも「善処します」という言葉でスルーされ、過労で亡くなっていたことが明らかになった。鷲津亨(草なぎ)が気づいていた通り、眞人は政治資金パーティーの招待状が兄宛に届いたことをきっかけに、生卵をぶつけたことも亨と私設秘書の梨恵(小野花梨)に告白。より一層、連帯感が高まった。



 そんな中、眞人は、政策秘書・虻川(田口浩正)の裏帳簿を見つける、地元の友達の力を借りて虻川に暴力事件を起こさせるなどの活躍を見せる。これにより、亨が仕掛ける衆議院議員・犬飼孝介(本田博太郎)への“罠”がより緻密になった。



 視聴者からは「眞人、大活躍じゃん!」「眞人応援したくなる」といった祝福の声や、ころころと変わる杉野の表情やしぐさについて「眞人の喜怒哀楽の表情すごい」「期待以上の表情しぐさ」「回想シーンの目と、現在のシーンの目で闇の深さが違う」「鷲津と話すときの目の輝きすごい」といった声が寄せられている。



 同作は弱者による強き権力者への復讐劇で、愛する家族を傷つけられた議員秘書が知略を尽くして鮮やかな“罠”を仕掛け、悪しき政治家を失脚させる痛快なエンターテインメント。
カテゴリ