『マンガ大賞2023』ノミネート11作品発表 『あかね噺』、『タコピーの原罪』など

『マンガ大賞2023』ノミネート11作品発表 『あかね噺』、『タコピーの原罪』など

 書店員を中心とした各界の漫画好き選考員が「今、この瞬間一番おもしろいマンガ」を選ぶ『マンガ大賞2023』の一次選考の結果が24日、同賞実行委員会より発表され、ノミネート11作品が出そろった。今回の一次選考においては、102人の選考員から、242作品への投票があった。



【画像】どんな漫画?チェンソーマン作者も マンガ大賞ノミネート11作品一覧



 同賞は2008年に創設され今年で16回目。昨年1年間(2022年1月1日~12月31日)に新刊の単行本が刊行された作品のうち、最大巻数が8巻までの作品が選考対象。一選考員が「人にぜひ薦めたいと思う作品を5作品」を選出し、得票数上位11作品(同率順位含む)をノミネートした。



 今後の予定は、選考員が全ノミネート作品を読んだ上で二次選考を行い、1、2、3位を選定し、ポイント制で集計の上、一作品を「マンガ大賞」に選出する。大賞の結果は3月中旬~下旬に発表される。



■『マンガ大賞2023』ノミネート作品

・『あかね噺』馬上鷹将、末永裕樹



・『女の園の星』和山やま



・『劇光仮面』山口貴由



・『これ描いて死ね』とよ田みのる



・『さよなら絵梨』藤本タツキ



・『スーパーの裏でヤニ吸うふたり』地主



・『正反対な君と僕』阿賀沢紅茶



・『タコピーの原罪』タイザン5



・『天幕のジャードゥーガル』トマトスープ



・『日本三國』松木いっか



・『光が死んだ夏』モクモクれん



■歴代大賞作品

第1回(2008年):『岳』石塚真一

第2回(2009年):『ちはやふる』末次由紀

第3回(2010年):『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ

第4回(2011年):『3月のライオン』羽海野チカ

第5回(2012年):『銀の匙 Silver Spoon』荒川弘

第6回(2013年):『海街diary』吉田秋生

第7回(2014年):『乙嫁語り』森薫

第8回(2015年):『かくかくしかじか』東村アキコ

第9回(2016年):『ゴールデンカムイ』野田サトル

第10回(2017年):『響~小説家になる方法~』柳本光晴

第11回(2018年):『BEASTARS』板垣巴留

第12回(2019年):『彼方のアストラ』篠原健太

第13回(2020年):『ブルーピリオド』山口つばさ

第14回(2021年):『葬送のフリーレン』原作:山田鐘人、作画:アベツカサ

第15回(2022年):『ダーウィン事変』うめざわしゅん
カテゴリ