窪塚洋介、自身の主演映画で長男・愛流の映画の話題 同日にイベント開催「シンクロニシティ」

窪塚洋介、自身の主演映画で長男・愛流の映画の話題 同日にイベント開催「シンクロニシティ」

 俳優の窪塚洋介(43)が24日、都内で行われた映画『Sin Clock』(2月10日公開)の公開直前イベントに参加した。



【動画】長男・愛流の成長を感慨深げに語る窪塚洋介



 冒頭のあいさつで窪塚は「本日は、大寒波の中、ベッドから起きるのも嫌だったでしょうに、こんなにも多くの方々に来ていただけたことにトイレで少し泣きました」と冗談交じりに語り笑わせた。



 偶然の連鎖に主人公たちは翻ろうされる。最近起きた想定外の偶然を問われると、窪塚は「まさに、きょう。うちの長男の窪塚愛流も役者とモデルをやっていて、彼の新作の映画の『少女は卒業しない』という作品のイベントが夕方にある。何か、小さなというか、大きなというか、シンクロニシティだな、と」としみじみ。「先日、初めて某雑誌で親子の表紙の撮影をした。久しぶりに話をして、成長してんじゃんって」と感慨を語っていた。



 最低の人生を生きる男たちが思いもよらぬ“偶然の連鎖”に導かれ、たった一晩の“人生逆転計画”へ挑む様をスリリングに描き出す本作。どん底の人生から一発逆転を目指すタクシードライバー、高木シンジ役を窪塚が演じる。



 イベントには牧賢治監督も参加した。

カテゴリ