乃木坂46秋元真夏、卒業後の後輩たちへエール「国立競技場に立っている姿をどうしても見たい」

乃木坂46秋元真夏、卒業後の後輩たちへエール「国立競技場に立っている姿をどうしても見たい」

 アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏(29)が24日、都内で行われたオフショット写真集『乃木撮(のぎさつ)VOL.03』刊行記念記者会見に登場。2月26日に開催される『11th YEAR BIRTHDAY LIVE』のDAY5「秋元真夏 卒業コンサート」をもってグループから卒業する秋元は、後輩たちへエールを送った。



【写真】メンバーの素顔を激写!?“思い出カット”を公開した乃木坂46・秋元真夏



 卒業まで残り1ヶ月となった秋元は「メンバーと仕事する機会も減ってきて、会えなくなることを実感する日々です」と寂しさを明かし、「最後の姿はかわいく終わりたいので、涙を抑える練習をしたいと思います」と間近に控えた思いを語る。



 今後の乃木坂46について「3期生から5期生がメインになるので、副キャプテンの梅澤美波ちゃんを支えてほしい」と言い、「乃木坂46として去年、日産スタジアムに立って、とんでもない景色だったんですけど、今度は観客側を味わってみたい。国立競技場に立っている姿をどうしても見たいです」と伝えた。



 会見には、秋元のほか、久保史緒里(21)、遠藤さくら(21)、賀喜遥香(21)、井上和(17)、菅原咲月(17)も登場したが、遠藤は「先輩方がここまで私たちを大きく成長させてくださったので、その先輩方に見ていただけるのであれば、私たちも全力で頑張りたい」と決意をにじませた。



 本作はメンバー全員がカメラマンとなり、お互いの赤裸々な素顔を撮影する名物企画。おいしそうにご飯をほおばる姿や、楽屋でうたた寝する寝顔、メンバー同士でじゃれあう様子など、普段のグラビアでは見られない一面が見どころとなっている。



 過去に発売された『乃木撮VOL.01』(2018年6月)と『乃木撮VOL.02』(2019年12月)の累計発行部数は50万部を突破し、乃木坂46写真集の最大ヒットシリーズに。第3弾となる本作には20年から22年の約3年間にわたる過去最多777枚のオフショットが収録される。
カテゴリ