TXT、9ヶ月ぶりカムバック会見 ヨンジュンMC『人気歌謡』1位が目標 パンPD「完璧だ」と太鼓判も

TXT、9ヶ月ぶりカムバック会見 ヨンジュンMC『人気歌謡』1位が目標 パンPD「完璧だ」と太鼓判も

 韓国の5人組グループ・TOMORROW X TOGETHER(以下TXT)が26日、韓国・ソウルで5thミニアルバム『The Name Chapter:TEMPTATION』(27日発売)のメディアショーケースを開催した。



【写真】タイトル曲「Sugar Rush Ride」を披露したTXT メンバーソロショットも



 TXTは、あす27日午後2時に『The Name Chapter:TEMPTATION』をリリースする。今作は、「夢の章」「The Chaos Chapter」に続く新シリーズとなり、タイトル曲「Sugar Rush Ride」をはじめ、「Devil by the Window」「Happy Fools(feat. Coi Leray)」「Tinnitus(Wanna be a rock)」「Farewell, Neverland」の5曲が連結し、ストーリーを展開する。



 9ヶ月ぶりのカムバックを翌日に控え、国内外のメディアの前にSOOBIN(スビン)、YEONJUN(ヨンジュン)、BEOMGYU(ボムギュ)、TAEHYUN(テヒョン)、HUENINGKAI(ヒュニンカイ)が、デニムにシャツ姿で登壇した。



 リーダーのSOOBINは「『TEMPTATION』というミニアルバムで帰ってきました。一生懸命頑張りましたのでよろしくお願いします」とあいさつ。HUENINGKAIは「約9ヶ月ぶりに帰って来ました。今日は雪ですが、僕たちのために来てくださいましてありがとうございます」と伝え、BEOMGYUは「新しいアルバムでカムバックするときは、いつもドキドキと楽しみでいっぱいです」、YEONJUNは「新しい音楽とパフォーマンスで『さすが信頼できるTOMORROW X TOGETHER』と言われるように一生懸命頑張りましたのでご期待ください」、TAEHYUNは「新しいアルバムを完成させるまでに少し時間がかかりました。信じて待ってくださったファンの皆さんに感謝します。長い時間がかかった分、すてきなパフォーマンスをお見せしますのでお楽しみください」とそれぞれアピールした。



 タイトル曲「Sugar Rush Ride」のミュージックビデオ(MV)公開に続いて、黒とカーキを基調にした衣装に着替えたメンバーが同曲を初パフォーマンス。前作『minisode 2:Thursday’s Child』で未来のために遠い旅に出た少年が、大人になるための成長を決心するものの、“自由と勇気”という悪魔の誘惑に直面し、陥りながらも、誘惑に勝って成長していく姿が盛り込まれている。MVについてSOOBINは「デビューのとき公開した映像を少し入れましたが、ファンの皆さんは見つけることができると思います」と見どころを伝えた。



 YEONJUNは「TOMORROW X TOGETHERしかできない音楽だと思いました。さわやかさとセクシーさが共存する曲だと思いますが、表情のアクティング、ニュアンスに気を使い、いろいろ悩みながら練習しました」と説明。TAEHYUNは「この曲の途中に、少年から悪魔、悪魔から少年に話者が変わる部分があります。なので表現力に重点を置き、パフォーマンス面でも強弱に注意し、ボーカル面でも「パフォーマンスを思い浮かべながら歌いました」と付け加え、HUENINGKAIは「僕の予想を超えた曲だったので最初は心配になりました。どう自分のものにするのか本当に悩みました。息を抜いて歌ってみたり、少し泣きそうなボーカルで歌ってみたりしました」と試行錯誤したことを明かした。



 収録曲の制作にはメンバーも参加。「Happy Fools (feat. Coi Leray)」は、YEONJUNがメロディー(トップライン)の作曲を、作詞はメンバー全員が担当した。パン・シヒョクプロデューサーの提案で、歌詞にはメンバーの経験が盛り込まれている。



 作曲を担当したYEONJUNは「初めて僕が全体的に作業したメロディーが入ったので、個人的にも意味深い。ずっと前に作業していた曲ですが、今回のアルバムに収録されると聞いて胸がいっぱいで、作曲に対する欲がもっと大きくなったようです。そして、僕が作ったメロディーにメンバー全員のストーリーが加えられて、TOMORROW X TOGETHERならではの色をお見せできる曲ができあがったようで、ファンの皆さんも喜んでくださると思います。MOA(TXTファン)の皆さんは明日が待ち遠しいのではないかと思います」と感慨深げ。



 HUENINGKAIは「次のステップに進むべきなのはわかっていても、その過程が苦しくて、目を背けてその場に留まりたがる、誰もが共感できる話だと思います」と話し、BEOMGYUは「誰が一度くらいは反抗する時期がある。私は“暗黒期”と呼んでいますが、その時期を思い出しながら歌詞を書きました。他人から見れば少しさまよっているように見えても、たまには今すぐの幸せを感じるのもいいのではないかいう気持ちで明るく表現しました」と説明した。



 韓国のメディアでは先行注文数が216万枚に達していることが報じられているが、HUENINGKAIは「驚きました。たくさんの愛を実感しました」とファンに感謝。今作で得たい目標は「『夢は大きく』という言葉がありますね。Billboard 200の1位を獲りたいです」と話し、さらに、「YEONJUNさんが『人気歌謡』MCをしていますが、1位になって、アンコールの舞台をしたい。YEONJUNさんの夢であり、みんなの目標です」と続けた。



 また、アルバム最後の楽曲「Farewell, Neverland」についてYEONJUNは「レコーディングを聴いたパン・シヒョクプロデューサーから『完璧だ』という褒め言葉をいただきました。胸がいっぱいだし、よくできた曲だと思います」と自信をみせていた。



 最後にはSOOBINが「毎回そうですが、今回も新しく、ユニークな姿で帰ってきました。心配でもあり、一方で楽しみでもあります。いつにも増して激しく悩み、努力して準備した新しいアルバムですので、皆さんたくさん応援してください。もっと楽しく、幸せに、5人のメンバーが活動して、よいニュースをお届けできるように頑張ります。長い間待ってくださったMOAの皆さんにも大きなプレゼントになればと思います」とメッセージを発信した。



 なお、TXTは3月25・26日の韓国・ソウル公演を皮切りに、2回目のワールドツアー『ACT:SWEET MIRAGE』をスタート。日本では4月に、大阪、埼玉、神奈川、愛知の4都市(8日間)での開催が予定されている。HUENINGKAIは「日本のツアーをしながらたくさんのMOAに会って、どんなグループであるかを印象づけたい」と意気込みを語った。
カテゴリ