【オリコンドラマ満足度】バカリズム作『ブラッシュアップライフ』が3週連続1位、吉高由里子『星降る夜に』急上昇で“ハイレベル”争い

【オリコンドラマ満足度】バカリズム作『ブラッシュアップライフ』が3週連続1位、吉高由里子『星降る夜に』急上昇で“ハイレベル”争い

 1月期を対象としたオリコンの最新ドラマ満足度(2月21日~2月27日放送を対象)調査で、バカリズムが脚本を手がけた『ブラッシュアップライフ』(日本テレビ系)の満足度(100Pt満点)が、前週と同じ99Ptを獲得。3週連続で1位を獲得した。



【最新ランキング表】吉高由里子出演作が急上昇! 門脇麦&仲里依紗も上位食い込み…ハイレベル争いの1月期



 1月期をトップで独走中の『ブラッシュアップライフ』(日本テレビ系)。満足度は6話目で自己最高の99Ptを記録し、今回調査した8話目まで勢いは続く。前々週の「初1位」は、草なぎ剛主演『罠の戦争』とタイの結果だったが、前週から単独トップとなった。



 満足度を項目別にみると、5項目のうち「主演」「主演以外」「内容」「話題性」が20Pt満点だったが、録画を含む「視聴量」が1Pt足りなかった。とはいえ、衝撃的な事実が明かされた8話目以降は怒涛の展開が続いており、クライマックスに向けて視聴者の期待はますます高まっている。次回の調査では「100Pt満点」も十分期待できそうだ。



 タイムリープをテーマにした物語で、8話目では安藤サクラ演じる主人公と、クラスメイト役の水川あさみのやり取りがクローズアップされていた。何気ない会話に潜んでいた伏線を次々と回収していくバカリズムの脚本テクニックに、視聴者からは「あちこちで張られていた伏線の回収に鳥肌が立つ」「すごく面白い。よくこんな話を考えるなって引き込まれて観てしまった」など絶賛の声が多数。豪華なキャストと演技力にも高評価が寄せられた。



 2位は、草なぎ剛主演の『罠の戦争』(関西テレビ・フジテレビ系)で、満足度は前週から1Ptダウンの97Pt。3位は、吉高由里子と北村匠海が共演する『星降る夜に』(テレビ朝日系)で、前週71Ptから89Ptへと急上昇。2作とも「主演」「主演以外」「内容」ともに20Pt満点を獲得しており、作品そのものの評価は満点を記録している。



 作品に対する満足度は高評価が続く1月期ドラマ。ハイレベルな争いが最終回に向けてどんな結果となるか、引き続き注目したい。



●「ドラマ満足度ランキング」とは

「オリコン ドラマバリュー」をもとに集計。オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1~20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。
カテゴリ