【WBC】大谷翔平の攻撃、ポケモンのガブリアスと話題 身長・体重に続く共通点「不意打ちステロやろ!」「似た何かを感じる」

【WBC】大谷翔平の攻撃、ポケモンのガブリアスと話題 身長・体重に続く共通点「不意打ちステロやろ!」「似た何かを感じる」

 『2023 WORLD BASEBALL CLASSIC(ワールド・ベースボール・クラシック』(以下、WBC)の準々決勝ラウンド「日本VSイタリア」が、東京ドームで行われた。人気ゲーム『ポケットモンスター」の登場ポケモン・ガブリアスに似ていると話題の大谷翔平投手(28=エンゼルス)は、3番・投手兼DHで先発し、3回の第2打席で奇襲とも言えるセーフティーバントを決めると、この攻撃にネット上では「大谷やっぱガブリアスだろ! 今回のバント、起点作りの不意打ちステロやろ!」「大谷:バントで起点を作れる ガブリアス:ステロで起点を作れる」と話題になっている。



【動画】驚いた!大谷翔平の奇襲バントシーン



 「大谷=ガブリアス説」は、大谷とガブリアスの身長・体重などが同じで、ネット上では「大谷さん、ガブリアスと身長体重一緒じゃん!」「ガブリアスと共通点が多いとか、大谷さん強すぎるでしょ」「大谷ガチのガブリアスやん 誰が止めれるんマジで」などと共通点が多いことからポケモンファンを中心に言われているもの。



 「野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト」のプロフィールを見ると、大谷選手の身長は193センチ、体重95キロと公表されている。一方、ポケモンのガブリアスもポケモン図鑑にて高さ1.9メートル、重さ95キロと表記されており、大谷選手とガブリアスの身長・体重は同じだとわかる。



 さらに、ガブリアスが初登場したのは、ゲーム『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』(2006年)の北海道をモデルにした「シンオウ地方」で、大谷選手も北海道日本ハムファイターズでプレー経験があるなど、お互い“北海道”に繋がりがある。



 身長、体重、北海道…など大谷選手とガブリアスの共通点の多さにネット上では「大谷翔平とガブリアスの身長と体重が同じと言う話を受け、お互いの共通点を挙げてみました。大谷はおそらくガブリアスです」「大谷翔平 身長体重ガブリアスで草」「朝から息子が大谷がガブリアスと同じ体重と身長と言うのでもうポケモンにしか見えなくなってます」。



 「大谷翔平選手とガブリアスの身長と体重が同じと聞いて、大谷翔平がどんなに強いかがよくわかった」「もう、応援で叫んじゃうよ。『いけー! ガブリアス大谷!』って」などと反応。ツイッターでは「ガブリアス」が一時、トレンド入りする盛り上がりを見せた。



 ガブリアスは基本、高い攻撃力で相手を圧倒するのがポケモンバトルにおいて一般的だが、「ステルスロック」「まきびし」などの技を使い自分に有利な場面作りをする“起点作り型ガブリアス”と呼ばれるガブリアスも多い。



 今回の試合で、打率も好調な大谷選手が、3回裏1死一塁の場面で“奇襲バント”を決めて、相手投手の悪送球を誘うと一、三塁のチャンスに。その後、次のバッターが遊ゴロの間に、三塁走者が先制のホームを踏んで、大谷選手のバントから日本は待望の1点を得ると、その後も、岡本和真選手が3ランを放ち、大谷選手のバントが起点で日本はこの回、4点を獲得した。



 大谷選手の奇襲バントから点を重ねた起点作りにネット上では「大谷さんがバントするの、ガブリアスがステロ巻くのと似た何かを感じる」「大谷のバントってマジでガブリアスのステロ岩石なんだよな」「さっきの大谷翔平のセーフティ、マジでステロまきびしガブリアスすぎて良かったな」「大谷のバント=ガブリアスの初手ステロ」などと話題になり、ツイッターでは「大谷さん」「大谷のバント」がトレンド入り。テレビの実況も「大谷のバントが空気を変えた」と大谷選手のバントを評価した。
カテゴリ