お生なピンクでおフェロを作るメイク術

お生なピンクでおフェロを作るメイク術

お生なピンクとは目や唇などの「粘膜部分のピンク色」のことで、

しっとりとした薄いピンクが男性を魅了すると話題!

そんなお生なピンクでおフェロを作るメイク術をご紹介します!



アイメイクのポイントと方法


お生なピンクを作るために欠かせないのが、

赤系かビビッドピンクのアイシャドウと、薄ピンクのアイシャドウです。


まず、薄ピンクのアイシャドウを使ってアイホール全体に薄く広げます。

その後、涙袋にハイライトカラーを乗せます。

そしてここからがお生なピンクを使ったポイント。

赤系もしくはビビッドピンクのアイシャドウを、黒目の上下に軽く乗せれば完成です。

アイメイクは薄く塗り、しっとり艶やかに見せるのがポイント。

お生なピンクは使いすぎると逆効果なので、アクセントにする程度で調節しましょう。


まつげをビューラーで上げ、透明マスカラを多めに塗ると、潤んだ目元を演出できるのでおすすめ。

さらに目元を強調したい場合は、お好みでマスカラやつけまつげなどを付け足してください。


 


眉毛


できれば眉毛にも潤い感を出したいところです。そのためにおすすめなのが、透明マスカラ。

アイブロウパウダーを使い、眉毛をふんわりと整えたら、

透明マスカラを毛並みに沿って塗ってみましょう。

たっぷりつけると潤った眉毛が完成します。


 



透明感のある肌にするためには、ブルー系の下地がおすすめです。

下地を塗った後は、クリームタイプのファンデーションをコンシーラー代わりに使用すると、

厚塗り感が出ません。

全体的に軽く仕上げ、ナチュラルで透明感のある肌にすることで、

目元のお生なピンクを際立たせます。


 


リップ


強調しすぎない潤いのあるリップにするのが理想です。

色のおすすめはラズベリーカラーで、赤くなりすぎないように調節しましょう。

グロスを使用し、ぽってり光沢のある唇を作って、

思わずキスしたくなるナチュラルな唇を演出します。


 


大切なのは全体的なナチュラル感です。

こちらのメイク方法を参考にして、自分に合ったメイクを探してみましょう。

さらにファッションもおフェロメイクに合わせてコーディネイトできると良さそうですね!

「お生なピンク」の生かし方をマスターして、可愛いおフェロ顔を作れば、

きっと男性を魅了することができます!


カテゴリ