彼の両親と初対面! うっかり言いそうな3つのNGワード

彼の両親と初対面! うっかり言いそうな3つのNGワード


素敵な恋に憧れて自分磨きを欠かさないグリ子(23歳)と、本能のままに動きがちなグリ美(24歳)。ふたりとも、一生懸命なあまりネットや本の情報を鵜呑みにして惑わされがち! 今日も恋愛経験豊富なセンパイ(28歳)を頼って、ふたりが「ガールズトーク」をしにやってきました。

グリ子:今度彼の実家に行くことになったんですー。
センパイ:それは緊張ね。話しかたや言いかたにくれぐれも気をつけてね!
グリ子:なるべく変なことは言わないようにしますが...。細かいところでいうと、どんなことに気をつければいいですかね?
「でも...」(否定的)
センパイ:とりあえず彼のご両親の言うことは、「そうなんですか」「そうですね」「はい」「ええ」っていう肯定的な相づちで受け止めておくのがいいわ。
グリ子:反論とか否定的な意見は言わないほうがいいってことですね?
センパイ:そうそう。「でも○○なんですよ」とか「でも○○じゃないですか?」っていう否定的なことは、あまり言わないほうが印象はいいと思うわ。とくに初対面ではね。
グリ子:なるほど。第一印象は無難に好印象で終わらせたいですもんね!
「え?」(聞き返し)
センパイ:彼のご両親の言ったことが聞き取れなかった場合、「え?」っていう聞き返しかたはしないようにね。
グリ子:あー、とっさに出ないように気をつけなくちゃ!
センパイ:友だちじゃないんだから、せめて「はい?」「すみません、もう一度いいですか?」ってきちんと聞き返せるようにしないとね。
グリ子:気を抜かないように頑張ります!
「うちのママは...」(敬語の使いかた)
センパイ:だいたい彼のご両親に会うと、自分の両親のことも聞かれたりするものなんだけど「うちのママ(パパ)は...」なんてことも言わないようにね。
グリ子:「私の母(父)は...」ってことですか?
センパイ:そう。難しい敬語を駆使する必要はないけど、自分の身内の呼びかたくらいはしっかりしておいたほうがいいわ。
グリ子:そうですね。子どもじゃないんだし、このくらいは言い回しにも気をつけなくちゃですね!
Young beautiful woman image via Shutterstock
カテゴリ