ダイエット魂に火がついた!デブ女がクラスの男子に言われてガチで傷ついた言葉5選

ダイエット魂に火がついた!デブ女がクラスの男子に言われてガチで傷ついた言葉5選

毎日部屋で”ももクロ”を踊り続けていたら、家族一同から大クレームが来ました伊集院チワワです。
泣きながら「だって太りたくないんだもんうえええッ!」といったら、弟が本気のドン引きの表情を浮かべていました…。

30kg減のダイエットに成功してから、たまにこういうことがあるんだよなあ…。
ということで今回のテーマは「デブ女がクラスの男子に言われて傷ついた言葉」。

1. プーッ!クスクスッ…(笑い声)
どんな言葉より傷つくのが、ただ笑われることです。
爆笑してもらえれば「笑いをとったぞ」と思えるのでまだマシですが、クスクスとバカにされたように笑われるのはかなりのダメージ…。
体が大きいと、教室の端から端まで行くのが大変なのです。ぶつかりながら歩いていたらクスクスされました!
狭い教室に40個も机並べるのが悪い…!(←!?)

2.「邪魔」
普通の人の倍の幅をとっていたことは謝りますが、もうちょっと言い方ってものがあるでしょうに!
「ごめん、ちょっとどいて?」とか言ってくれればいいのに、後ろからボソッと「邪魔…」って。
即座にスライド移動して腹を引っ込めました。

3.「何食ったらそんなに太れるの?」
素直な疑問系もメンタルが殺られます。
自分でも何食ったか覚えてませんし、そもそも何を食ってるかを管理できていたらあんなに太っていませんでした。

4.「デブ菌がうつる」
小学校の頃、「デブ菌」という言葉が流行ったのですが、しょっちゅう「デブ菌がうつる」と言われていました。
当時の私は鈍感すぎて気づいていませんでしたが、よく考えると毎日言われていたし、いじめだったのでは…!?

5. 「悪霊退散!」
悪霊じゃねえよ!!!

最後に
いかがでしたでしょうか。痩せた今は、こんなひどい言葉を言われることはなくなり、穏やかな生活を送っています。
体型が変わるだけでこんなに周りの態度が変わるなんて… 見た目って大事だな〜と思う次第です。伊集院チワワでした。
カテゴリ