【全国共通あるある】クラスにいるうざい女子にありがちなこと3選

【全国共通あるある】クラスにいるうざい女子にありがちなこと3選

ヒエラルキー頂点女子のヒザが乾燥しているのを見ると「よし、勝った」と心の中でガッツポーズを掲げています、伊集院チワワです。
手に出して余ったニベアはヒザに塗る(五七五)。

ガタガタッ!(膝から崩れ落ちる音)
…ヒザの潤いしか頂点女子にしか勝てない(白目)。

今回は、いつもモジモジしている私が、実は心の底で「こいつうざい」と感じている女子にありがちなことをテーマでお送りしたいと思います。

1. 超音波を出す
うざいなーと思う女子って、みんな超音波を出しませんか?笑い声が超音波、驚く声が超音波。
鼓膜を攻撃しにきてるとしか思えない音を出すんです。
キンキンに高い声は正直苦手です。ダメージを受けると1分ぐらい動けなくなります。

2. 胸小さいアピール
「私貧乳だからー」と胸が小さいことをアピールしてくる子もうざいなーと思います。
だいたい貧乳アピールしてくる子って華奢で可愛い子ばかりなんです。そんな子が、なぜか私みたいなブスを捕まえて貧乳アピール。
一応「そんなの気にしなくていいじゃん。細くて羨ましいよー。」なんて言葉を返しますが、そのときの私は剥製のような死んだ目をしています。鏡を見なくても自分でわかります…。

3. 「それなー」しか言わない
流行ってる言葉を使っていれば、とりあえずイケるとでも思っているのでしょうか。
会話が成立しないというか、「それなー」って言われるとそこで会話が終了してしまいます。

例)
委員長「文化祭の出し物を決めたいと思います」
ウザ子「それなー」
委員長「何か希望はありますか?」
ウザ子「それなー」

それなー!!!(怒)

最後に
いかがでしたでしょうか。
他にもうざい女子は「ソシャゲが強すぎる」とか「男子にサラッとボディータッチしている」とか挙げ出すとキリがありません。
もう考えるのが嫌になってきたのでここまでにしておきます。伊集院チワワでした。
カテゴリ