【全国共通あるある】バスケ部男子にありがちなこと3選

【全国共通あるある】バスケ部男子にありがちなこと3選

「黒子のバスケ」ブームに乗り遅れて、友達から置いてけぼりをくらっている伊集院チワワです。
いいんだ…。私には弱虫ペダルがあるから…。東堂尽八ラブ!!!

さて。そんなわけで「黒子のバスケ」がまったくわからない私ですが、学校にいるバスケ部男子のことは書けますよ!
大嫌いなので恨み節炸裂で書いていきたいと思います。
ということで今回は、バスケ部男子にありがちなこと3選!

1. 髪型を気にしがち
授業中でも休み時間でも、しきりに髪型を気にしているバスケ部男子って多くないですか?
四六時中ワックスでいじり倒していますが、どうしてそんなに髪型が安定しないのでしょうか。不思議です。
授業中にそれをやるのやめてください。黒板を見るとき非常に目障りですので。

2. 帽子をかぶりがち
休日に本屋に出かけたら、バスケ部男子の集団が!
急いで逃げたので見つからなかったとは思うのですが、集団全員がニット帽やキャップをかぶっていました。髪型を気にしがちなバスケ部男子、帽子をかぶりがち。

3. 1〜2人、ものすごい毛深いのが混じっている
小4以来男子とほとんど会話をしていなかったために衝撃を受けました。そう、男子の成長に…(倒置法)。
バスケのユニフォームを着ると、男子の場合、脇毛が…ボワッっと…。はい、生えてるのが見えちゃいますよね。
小学校から高校までずっと同じ学校の男子(いじめっ子)が毛深くなってると知ったとき、”毛ルチャーショック”を受けました。
それを見た日に限って夕飯にひじき…。一応食べました。

最後に
いかがでしたでしょうか。なんだか、毛に関することばかりになってしまいましたね。
別に毛フェチじゃないですよ、伊集院チワワでした。
カテゴリ