国民的美少女・高橋ひかる“女優デビュー”を振り返る

国民的美少女・高橋ひかる“女優デビュー”を振り返る

【高橋ひかる/モデルプレス】「第14回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリに輝いた高橋ひかるが16日、都内で行われた「オスカープロモーション×スピリッツ35周年メモリアルムック」(小学館刊)の発売記念イベントに、女優の吉本実憂、小芝風花と出席。今年1月に公開された映画デビュー作「人生の約束」で銀幕デビューを飾った高橋だが、今後の女優としての目標を明かした。

◆今後の目標を宣言

今後どういう女優になっていきたいか質問が飛ぶと、高橋は「今年の1月に公開された映画で初めて女優デビューさせていただいたんですけど、まだまだ分からないことがたくさんあって、技術的にもなかなか追いつかないところもたくさんある」と初々しく語り、「これからたくさんの作品を見たり、作品に参加させていただいたりして、たくさん勉強して行きたいなと思います」と目を輝かせた。

◆上戸彩、米倉涼子らの懐かしショットも収録

同ムック本は、オスカープロモーションに所属する女優やモデルが、2002年からスピリッツに登場したグラビアを一冊にまとめたもので、10代の上戸彩、大学生の菊川怜、20代の米倉涼子など、今となっては見ることができない若かりし頃のあどけない女優の姿や、武井咲、剛力彩芽、吉本実憂などの水着グラビアを収録。

高橋は今年2月に沖縄で撮影したカットが収録されているそうで「市場や海の近くのスタジオなどいろんなところで撮影して、初めて尽くしですごく楽しい撮影になりました」と振り返り、「写真にもその楽しい一場面が写っていると思うので、それを見ていただけたらなと思います」とアピールした。(modelpress編集部)
カテゴリ