佐藤健&宮崎あおい、最近の“涙エピソード”を告白「すぐに泣きます」

佐藤健&宮崎あおい、最近の“涙エピソード”を告白「すぐに泣きます」

【佐藤健・宮崎あおい/モデルプレス=4月18日】俳優の佐藤健、女優の宮崎あおいが18日、都内にて開催された主演映画「世界から猫が消えたなら」(5月14日全国公開)の完成披露舞台挨拶に、E-girlsのメンバーで女優としても活躍する石井杏奈らと登壇。キャストに投げかけられた「最近泣いたのはどんなこと?」との質問に対して佐藤は、「本当に泣いていないです。人生で、映画とか、マンガとか、小説とか以外で泣いたことはもう何年もないかもしれないです」と打ち明けた。

◆佐藤健&宮崎あおいの“泣きエピソード”とは?

一方で、「映画とか見るとすぐに泣きます」とも告白した佐藤。「普段、泣かないので、泣くようにしています。普段から涙を流さないと、いざ、『泣け』と言われたときに、本当に泣けないんですよ。映画を見る時はできるだけ感情を解放させて、『いかに泣けるか!』くらいの気持ちで見ることが多いです」と役者ならではの習慣を語った。

同じ質問に対して宮崎は、具体的なことは言えないとしながらも「友達から嬉しい報告を受けて『嬉しい!』と言って泣きました」と回答。「嬉し泣きが最近多いですね」と笑顔を見せた。

◆佐藤健「気が狂いそうになるくらいやばかった」

さらに、作品内容にちなんで「消えて欲しくないもの、消えたら困るもの」が話題にあがると、「米です」と回答した佐藤は、2週間にわたって行われたアルゼンチンでの撮影を振り返り、「お米が食べたくて、気が狂いそうになるくらい、やばかったんですよ」と回顧。宮崎と2人で、日本食の画像を検索して見ていたエピソードを思い返していた。

一方宮崎は、子どもの頃から好きだという「酸っぱいものです。梅干しとか、酢の物とか」とコメント。「お守り」をあげた石井は、「お正月にいつも買うのですが、それを持ち歩いていないと、絶対に嫌なことが起こると思い込んじゃうので、お守りがなかったらダメだなと考えました」と明かした。

◆映画「世界から猫が消えたなら」とは

同作は、累計120万部突破の川村元気氏の同名小説を原作とする感動作。佐藤が、余命わずかと宣告された郵便配達員の“僕”と、「大切なものをひとつ消すことと引き換えに1日の命を与える」という取引をもちかける“悪魔”の2役に挑戦。かつて“僕”が愛した女性“彼女”を宮崎が、“僕”の親友“ツタヤ”の店でアルバイトをしている“ミカ”を石井が演じる。(modelpress編集部)
カテゴリ