篠田麻里子、ミニスカで美脚披露も“ノーバン”ならず「30点くらい」

篠田麻里子、ミニスカで美脚披露も“ノーバン”ならず「30点くらい」

【篠田麻里子/モデルプレス=4月21日】モデルで女優の篠田麻里子が21日、楽天Koboスタジアム宮城で行われた「東北楽天ゴールデンイーグルス 対 オリックス・バファローズ」戦の始球式に登板した。「昨日しっかりフォームの練習をしてきたので、ノーバンウンド投球で頑張ります!」と意気込んでいた篠田は大歓声の中、映画『テラフォーマーズ』(4月29日公開)にちなんだ宇宙服風の白いミニスカートで登場。真剣な眼差しで力一杯投球したボールは大きな山なりを見せるも、ワンバウンドでキャッチャーミットに収まり“ノーバン”とはならなかった。

◆練習では“ノーバン”達成

始球式を終えた篠田は「始球式は3回目だったのですが、すごく緊張しました」とほっと一息。楽天・美馬学選手と松井裕樹選手から「抑え込むように投げると上手くいくよ」とアドバイスを受け、さらに投球練習では“ノーバン”でキャッチャーまで届いていただけに「点数をつけるなら、30点くらいかな…」と悔しそうに振り返っていた。

◆とにかく豪華すぎる!「テラフォーマーズ」

累計発行部数1500万部突破の人気コミック『テラフォーマーズ」(作:貴家悠/画:橘賢一)を『クローズZERO/Ⅱ』『悪の教典』の鬼才、三池崇史監督が実写映画化。“火星地球化(=テラフォーミング)計画”が進む2599年、何も知らずに火星に送り込まれた15人の日本人を待ち受けていたのは、異常進化した“ある生物”=テラフォーマーとの究極の戦い。伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、小栗旬をはじめとする“豪華すぎる”キャスト陣が集い、原作の独特な世界観をスクリーンならではの圧倒的スケールで表現している。(modelpress編集部)

■映画『テラフォーマーズ』
4月29日(祝・金)全国ロードショー
監督:三池崇史
出演:伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、ケイン・コスギ、菊地凛子、加藤雅也、小池栄子、篠田麻里子、滝藤賢一、太田莉菜、福島リラ、小栗旬
原作:『テラフォーマーズ』作:貴家悠/画:橘賢一(集英社『週刊ヤングジャンプ』連載)
<ストーリー>
21世紀、人口爆発を迎えた人類が選択した火星移住計画。人類はコケと<ある生物>を送ることで、火星を地球化させようとした。それから500年。計画の仕上げのために火星へ送り込まれた隊員15人のミッションは、その生物の駆除。簡単な仕事、高額なギャラに参加を決めたメンバーたちだが、小町小吉(伊藤英明)だけは勝手に志願した幼馴染の奈々緒(武井咲)に付き合い、火星行きを決意していた。ところが火星に着いたら、話が全っ然違う!<ある生物>は人型に異常進化した驚愕生物=テラフォーマーへと姿を変え、その凶暴性で隊員たちに次々と襲いかかる。絶体絶命な状況。しかし彼らの身体には、彼らも知らされていないある秘策が仕込まれていた!果たして人間たちは自ら生み出してしまった想定外のヤツらに打ち勝ち、生きて地球へ帰ることができるのか。

■篠田麻里子(しのだ・まりこ)
1986年3月11日、福岡県出身。2013年までAKB48の中心メンバーとして活躍。AKB48活動中からドラマや映画等に出演するとともに、女性ファッション誌『MORE』の専属モデルを務める。現在『ペットの王国 ワンだランド』(毎週日曜9:30~ABC・テレビ朝日系)レギュラー出演中。今秋には舞台『真田十勇士』(9月11日~東京・新国立劇場他)の公演が控えている。
カテゴリ