第一印象を決めるとっておきの自己紹介のコツ

第一印象を決めるとっておきの自己紹介のコツ

新しく知り合いになった人相手に行う自己紹介。
ニガテに感じてる子も多いんじゃないかな?
でもでも大丈夫!
基本の自己紹介の形をマスターすれば、急に話すことになっても対応できちゃいますよ☆
出会いのチャンス夏休みもこれで乗り切っちゃおう!

1.基本情報
まずはお決まりの内容です。
学年とか、名前とか、考えなくても話せるところはパパッと答えちゃいましょう!
ここを落ち着いて答えることで、あとのほうも緊張せずに話せるよ!

2.上級編・あだな
もしも余裕があれば、ここであだなを言ってみるといいね!
よく○○って呼ばれてます、とか、○○って呼んでほしいな、とか。
あだ名があると、呼ばれるほうも呼ぶほうもなんか楽しいし、親近感がわくから、仲良くなれるきっかけになるはず!

3.ご当地エピソード
出身地なんかで面白エピソードがあればここで話してみましょう。
好きな食べ物、とか漠然としたものはなかなか思いつかなくて焦っちゃうって子におすすめ。
実は方言でなまってて、とか打ち明けてみるのもかわいいよ!近所で有名な食べ物の話だったり、景色がいい公園だったりと、基本なんでもOK!
きっと周りの子も、「あ、○○出身の子だ!」と関連付けて覚えやすいはず。

4.上級編・キャッチフレーズ
自分にキャッチフレーズをつけてみましょう!
たとえば「宝塚大好きのダンス部部長」とか、「パソコンのことならおまかせのニコ厨歴○年」とか…(笑)
一言目に言える子はかなり印象に残りそう。
あと、事前に考えておけばいつでも使えるから、ひとつキャッチフレーズを決めておくと役に立つハズ!

いかがでしたか?これで自己紹介ニガテを克服しちゃいましょう!
カテゴリ