「私、崩れませんから」1日中キレイをキープするメイク術

「私、崩れませんから」1日中キレイをキープするメイク術

【メイク/モデルプレス】天気がいい日はじわりと汗をかくようになってきましたね。そこで気になるのがメイク崩れ。あと言う間にメイクがぐずぐず、なんてことにならないように、夕方まで余裕でキレイが続くメイク術をご紹介します。

♥崩れの原因となる皮脂をオフ

とくにベースメイクの崩れの原因は皮脂や汗。

まずはメイクの前に洗顔で余分な皮脂や汚れなどを落としてお肌をフラットな状態にしておきましょう。

とくに崩れやすいTゾーンは洗顔料を使って丁寧に洗ってくださいね。そして最後に冷水でお肌をクールダウンさせ、毛穴をキュッと引き締めます。

♥スキンケアは土台

スキンケアはベースメイクの仕上がりを左右する大切なもの。

きちんと保湿をしてお肌を潤しておくことで、過剰な皮脂の分泌を抑えることができますだけでなく、お肌を整えておけば少し崩れてもお直ししやすくなります。

基本は化粧水をたっぷりと馴染ませ、お肌を水分で満たしましょう。保湿することで毛穴も引き締まります。

油分の多すぎは崩れの原因となるため、乳液やクリームはやや控えめに。オイルフリーのジェルなどで整えてもいいですね。

そして大事なのが、ムラにならないようにきちんと馴染ませ、お肌に浸透させること。

とくにクリームなどがムラになっているとファンデーションのヨレなどの原因になることも。

ハンドプレスをして丁寧に浸透させてくださいね。

♥下地こそ丁寧に

ファンデーションの前の下地の手を抜いてはいけませんよ。

下地はいわゆるお肌とファンデの接着剤。塗りすぎても崩れるので薄めに顔全体に丁寧に馴染ませましょう。

目元やフェイスラインも忘れずに。

♥ファンデーションは全体に塗らなくていい

ファンデーションはカバーしたい所にだけ塗ればOK。フェイスラインは顔の中心から薄く馴染ませる程度で十分です。

フェイスラインまでしっかり塗ってしまうと、崩れやすくなるのはもちろん、顔がのっぺりと見えてしまいます。

リキッドファンデーションの場合は、スポンジでパッティングをすることも忘れずに。お肌への密着が高まり、余分なファンデーションをオフしてくれるのでより崩れにくくなります。

♥チークはクリームタイプを

チークはとくに落ちやすいので、クリームタイプのものがオススメ。

クリームタイプは肌への密着度が高いので、崩れにくく血色もキープできます。

スポンジを使って馴染ませると、自然に肌に溶け込みジュワっとにじみ出る血色チークに仕上がりますよ。

♥パウダーでヴェールをかける

仕上げにパウダーを付けますが、これも付けすぎると崩れの原因に。

薄くヴェールをかけるように、さらっと乗せるのが正解です。パフでもOKですが、より均一に薄く塗るにはブラシがオススメ。

崩れやすいTゾーンや目元、口元を中心にパウダーを馴染ませてくださいね。

いかがでしたか?

通勤通学だけでメイク崩壊の危機!なんてことにならないように対策しておきましょう。

1日中崩れ知らずなキレイメイクをキープしてくださいね。(modelpress編集部)
カテゴリ