センターで9割以上取りたい子必見!効果的な英語勉強法~文法編~

センターで9割以上取りたい子必見!効果的な英語勉強法~文法編~

こんにちは!女子大生ライターのりんこです。

受験英語を勉強する上で、まずやるべきは単語を覚えること。
一通り覚えたら?
次に手をつけるべきは、「文法・語法」です。

文法問題は必ずあるし、文法が分からないと長文が読めないので、早い段階でやっておきましょう。

ということで、今回は効果的な受験英語勉強法の「文法編」をご紹介します。

文法・語法の問題集はたくさんあるけど、基礎が分かってないまま解き始めるのは効率的ではありません。
まず基礎を固めるためにおすすめなのが、「参考書を何周も読む・眺めること」

ノートにまとめたり書き写したりすると膨大な時間がかかります。
単語はスペルを手の感覚で覚えるために書くことをおすすめしますが、参考書は書き写す必要性はあまりありません。
何度も何度も読んだり眺めれば、きちんと覚えることができます。
最低でも7周くらいすると、だいぶ基礎を叩き込めると思います。
通学中でも、ベッドに寝っころがりながらでも、とにかく読んでください。

参考書をまるまる1冊覚えるくらいになったら、問題集を解き始めましょう。

問題集は色々なタイプがありますが、選ぶときに一番見てほしいのは
「解説が丁寧に書いてあるか」
解説が短くて、読んでも???ってなってしまうものはおすすめしません。
問題集を買う際には、問題よりも解答・解説のところをチェック!

間違ったところはマークを付けたり、別のノートにまとめたりして、苦手を確実につぶしていってください。
くれぐれも、×を理解しないまま放置しないでね!

私が個人的にすごく良かったと思う参考書がこちら。


『大学入試 世界一わかりやすい 英文法・語法の特別講座』(関正夫 著)

めちゃくちゃ分かりやすくて、とっつきやすいので、いっちばん最初に読む参考書におすすめです。
文法ってちんぷんかんぷん!語法って何?状態でも、問題なく理解できるかと思います。
頻出に絞っていてすべてを網羅しているわけではないので、あくまで「基礎固め」に使ってください。

問題集はそれぞれ好きなレイアウト・色使いとかがあるかと思うので、本屋さんで色々探してみてくださいね。
ちなみに私は、これを使いました。



『全解説頻出英文法・語法問題1000 』(瓜生 豊・篠田 重晃 編集)

やっぱり「頻出」なものから攻めてください。
Amazonのレビューなどを見ると結構参考になりますよ。

学校で使ってるものが使いやすければわざわざ買わなくてももちろんOKですが、本屋さんの参考書コーナーは想像以上に色々あって、自分にぴったり合うものを探すのも結構楽しいです。

大切なことは、いろんな参考書や問題集を1周ずつするよりも、1つのものを何周もして完璧にすること。その方が絶対に定着します。
一度やっただけで満足せずに、是非ぼろぼろになるまで可愛がってあげてください。

以上、効果的な英語勉強法の文法編をご紹介しました。
ぜひ、参考にしてくださいね。
カテゴリ