国民的美少女・吉本実憂、上戸彩との初共演で新たな魅力開花

国民的美少女・吉本実憂、上戸彩との初共演で新たな魅力開花

【モデルプレス】第13回全日本国民的美少女コンテストグランプリ受賞者でガールズユニット・X21のリーダーを務める女優の吉本実憂が、上戸彩と初共演をする。

4月スタートのテレビ朝日系ドラマ「アイムホーム」(毎週木曜、午後9時~)で初のOL役を演じる吉本。同作はSMAPの木村拓哉が主演するホームドラマで、吉本は木村演じる主人公が勤務する証券会社の同じ部署に勤務する優秀な派遣社員役。ある人物から主人公を監視するよう命じられた謎の女性を演じていく。木村の妻役で同じ事務所の先輩・上戸彩とも初共演となり「うれしいですが、同じシーンの撮影はなさそうなんです」と残念そうに語った。

◆初のOL役で毒舌も?

今回、初めて実年齢より年上のOL・小鳥遊優愛(たかなし・ゆあ)役に挑戦。優秀でクールな役柄に吉本は「その年齢を知ることは最初の役作り。姉が同じくらいの年齢なので、雰囲気とか落ち着いている部分を参考にしたいです」と言い、「OLさんって(髪が)ゆるふわカールのイメージがありますね。小鳥遊はそこまでではないですけど。でもメークを若干濃くしてジャケットを着たら21歳でもおかしくないなって思えました」と取り組みを明かした。

また、ドラマ内では部長役の西田敏行をはじめ、及川光博、鈴木浩介、渡辺いっけいら豪華出演者が集結。「すごい人たちばかりですね。私はド新人ですけど、頑張ってぶつかっていこうと思います。小鳥遊は派遣社員ですが、実力はそこそこ。けっこう上から目線で毒舌がポロッと出ちゃうことがあるので、そこのセリフも自分の言葉にして楽しんでいこうと思います」と意気込み、「普段は毒舌と言われたことはないですけどね」と笑うことも。「未体験の役なので、台本をしっかりと読み込み大人っぽさと若さの両面を出していきたいです」とアピールした。(modelpress編集部)
カテゴリ