超特急、知られざる代々木公演の“裏側” 苦労と奇跡を経て目指す先<インタビュー>

超特急、知られざる代々木公演の“裏側” 苦労と奇跡を経て目指す先<インタビュー>

【超特急/モデルプレス=5月18日】7人組メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急が、2015年のクリスマスに2日間に渡って東京・国立代々木競技場 第一体育館で開催したクリスマスライブを映像化したBlu-rayBlu-ray「超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE 2015 Fantasy Love Train~君の元までつながるRail~ at 国立代々木競技場 第一体育館」を5月18日にリリース。同公演は彼らにとって自身最大規模となる2万5000人を動員したこれまでにない挑戦となった。モデルプレスの取材に応じた彼らは、同公演を振り返るとともに、今後の目標を掲げた。

“ファンタジートレインパーク” がテーマの同公演は、ライブ自体がエリア別に分かれており、 まさに超特急と8号車(ファンの愛称)が、クリスマスをテーマパークで一緒に楽しく盛り上がって過ごすような内容に。8の字型のステージを走り回ったり、 ゴンドラでスタンド席を回ったりと大いに会場を沸かせた。さらには生演奏でマーティー・フリードマン、 エリアマネージャー兼監督としてヒャダインが登場。超特急がトランポリンダンクに挑戦するなど、盛りだくさんの演出がぎっしり詰まっている。

◆超特急が思う代々木公演Blu-rayの見どころ

― 大変盛り上がった代々木公演となりましたが、見どころだと思うところを教えてください。

コーイチ:超特急が2015年に目標に掲げてきた舞台で、2015年の集大成ともいえるような舞台になっています。みんなのできるだけ近くにいったり、電車を走らせたり、ライブ中での挑戦トランポリンダンク。どれも見どころですが、僕たちの表情が何よりもキラキラしているのでどの一瞬も見逃してほしくないです。

カイ:今回のBlu-rayは、超特急7人の2015年の目標であった代々木第一体育館でのライブの模様を収録しています。1番の見どころは8の字につくられたセンターステージかなと思います。メンバーがメイン・センター・エンドステージを駆け回る姿は代々木でしか見られない光景です。

リョウガ:代々木第一体育館という大きな会場でそこまでちゃんと見ることが出来なかったであろう“表情”が見られます。2015年の夢を叶える喜びと幸せの顔をぜひ見てほしいです。

もちろんメイキング映像もついており、ステージの裏側やメンバーの色々な姿を見ることができるので、メイキングを見てからライブを見るとまた違った気持ちになるのではないでしょうか。そしてメンバーの副音声がついています。中にはある意味代々木のライブを台無しにするようなコメントもあるかもしれません(笑)。

タクヤ:僕たち超特急が2015年の目標にしていた場所でできたこと、小さな夢がでっかくなって叶ったこと、そんな大事なライブが映像になったことです。映像で観るだけでも迫力があると思います。ステージが大きいことで、新しい発見がいくつもいくつも出てくるはずです。何回観ても、あの時の感動が蘇る。僕たちの軌跡を楽しんでください。

ユーキ:なんといっても2015年の超特急の全ての思いが詰まった代々木国立競技場でのライブです!支えてくれている8号車の愛の形がステージにも表れていたり、ライブ中はテーマパークに来たんじゃないかというくらいの、ファンタジー溢れるステージになっています!ゲストもかなり素敵で、中でもマーティー・フリードマンさんとの生ギターでの「Beautiful Chaser」は必見です!

ユースケ:まずは高画質!!そこではないか(笑)!!12月24日に代々木第一体育館で行いましたライブ映像が収録されていますが、去年ここにご乗車できませんでした8号車さんはぜひ見ていただきたい作品です。みんなで挑戦したトランポリンダンクの奇跡や、このライブでしか見られない楽曲も存在するので一緒に映像で12月24日を楽しんでほしいです!!

タカシ:これぞメインダンサーバックボーカルだというライブ構成。1番そう感じたところは1曲目の「TRAIN」でメインダンサーが先に出てきて、バックボーカルが2番のAメロあたりから登場するところです!8号車と超特急が作り上げるライブパフォーマンスとコールも見どころの1つです。

◆初のアリーナ級でのワンマンライブ…舞台裏での苦労

― 成功を収めた代々木公演ですが苦労したことや印象に残っていることはありますか?

カイ:個人的には「Fantasy Love Train」が特に好きです。テーマソングということもありますが、今までの超特急にない振り付けになっていて新しい僕たちの姿が見せられたような思いです。

コーイチ:初めてのアリーナ級でのステージとあって、会場内でもかなりの移動距離でした。トロッコに乗るために裏では階段を駆け上がるなど、どこでも走り続けていました。

タクヤ:なにより会場の広さに苦労しました。今までのライブは、メインステージだけで完結していたので、覚えることもそこまで大変ではなかったのですが、代々木は花道があったので立ち位置を覚えるのに苦労しました。だからリハーサルも新鮮なことだらけで楽しかったです。しかも当日にならないと会場ではリハができないと言われていて、なんとかお願いして前日にリハをしました(笑)。

ユースケ:ステージの作りと立ち位置はとても苦労しました!今回、超特急初の8の字ステージでパフォーマンスをお届けしたのですが、あんな大きなステージに立ったことは初めてだったので、メモしたりみんなで一緒に覚えたりなどして8の字ステージを攻略しました。またこのステージの形を考えたのはユーキで、改めてユーキにこの8の字ステージでライブできたことを感謝したいなと思いました!

◆抜群のチームワークで成功を導いたトランポリンダンク

ユーキ:今回の超特急の壁となったトランポリンダンクです!7人全員で息を合わせてパスを繋ぐのは、とてつもないくらいの緊張感で溢れていました。

タカシ:単独ライブでは今までで1番大きな代々木でライブをやるということで、ライブはもちろん今回はトランポリンダンクにも挑戦し、平行してリハーサルをやるのは大変苦労しました。トランポリンダンクも最初は全然上手くいかず、メンバーの出来具合などを見ると正直挫けそうになったこともあったけど、それを乗り越えられたからこそ、良いトランポリンダンクができたんだと思っています。

リョウガ:帰宅部のエースだった僕は運動が苦手なので、今回の代々木の挑戦であるトランポリンダンクは苦戦しました。まだ跳ぶことに苦手意識がなかったからかトランポリンは楽しく、問題なく通過できたのですが、何より球技が苦手!ガリガリとボールは相性悪すぎです。しかし、優しくてイケメンな中田先生の丁寧なご指導によりなんとかできるようになれました…!2日目のトランポリンダンクのとき、中田先生がなんとマットを押さえるスタッフさんの中にいて、直接笑顔で見守ってくれていました。これはもうやるしかないと気合いフルMAXのメンバーは今までにないほどの集中力を発揮し見事に一発成功を果たせました。教えてくれた方が中田先生で本当に良かった。

◆代々木を経験して見つめる未来

― この先の目標をお聞かせください。

タカシ:アリーナ級でのライブをやりたいという目標もありますが、世間にもっと超特急を知ってもらいたいという目標もあります。もっとたくさんの8号車に出会ってこの超特急のライブを楽しんでもらいたいです。

ユーキ:代々木を超えるステージでライブをして、もっと日本中に超特急を浸透させたいです!でもライブでの8号車との距離感は大切にしていきたい。

カイ:今後は、グループとしても個人としても活躍できるようにより魅力的になっていきます!

タクヤ:去年の目標だった代々木を終えて、やる前は不安ばかりが募っていましたが、今では確実に僕たちの自信に繋がりました。だからこそ初心の気持ちを忘れずに、僕は自分で自分が分からなくなるので(笑)自分を見つめ直してみたいです。超特急としては、さらに大きなステージに向けて、スキルアップのみだと思います。

コーイチ:ライブ会場としては、さいたまスーパーアリーナです。もっともっと大きな電車を走らせてみたいです。なんなら、これまで東京国際フォーラムでやったプロジェクションマッピングを組み合わせてライブでの挑戦なども、やってみたいです。

◆最終目標・東京ドームへ向けて

リョウガ:僕たちの最終目標は東京ドーム…!その夢を叶えるために2015年の代々木という夢を叶え、一歩一歩着実に最終目標へ向かっています。ですがそれを叶えるにはまだまだで、東京ドームは超特急の最大キャパの代々木第一体育館の4倍以上。手が届かず目に見えないほど遠くにある存在です。でも去年の代々木でのライブで8号車とならどこまでも行けると確信しました。これからもっと色々なことに挑戦し、この7人と8号車たちで東京ドームに立つという夢を、約束を絶対に果たしたいです。

ユースケ:僕たちの目標は東京ドームです。しかし東京ドームに立つためには、もっと色んなライブをして僕たちのことを知らない方々に超特急というアーティストを知っていただかなければなりません。そのためには超特急が持っているもの全てを出し、8号車さんと力を合わせて乗り越えていかなければならないと思っています。それに僕たちもダンスも歌もスキルアップをしなければ今のままで立ち止まってしまいます。そんなことがないように日々努力を怠らずできること全てやっていきたいです。

◆超特急からのメッセージ

― 最後にモデルプレス読者に向けてメッセージをお願いします。

カイ:引き続き、一緒に歩いていきましょう。

ユーキ:どんなときも僕たち「超特急」が支えであり、8号車が僕たちの支えになる。そんな関係を一緒に築いていきましょう!

タクヤ:いつも超特急を支えてくれてありがとうございます。8号車あってこその超特急。日々その偉大さに助けられています。初期の頃と比べたら、成長していると思います。特に初期の頃から応援してくれている方はそれを感じるはずです。ちょっとずつかもしれないけど、この成長を無駄にせず日々精進していきたいです。応援してくれている8号車を裏切らないように、頑張っていきます。

コーイチ:代々木で僕たちの一つの形が見えたとは思いますが、今もSynchronismツアーや、様々なメディアを通して超特急は進化し続けています。どんな形であっても8号車の笑顔を目指してまだまだ走り続けていくので、みなさん応援よろしくお願いします。

ユースケ:超特急には8色の色があり、個性豊かなメンバーが揃っています!!1人はきっと好きになってしまうメンバーがいるかもしれません!!気になったそこのあなた!!ぜひ良かったら、「超特急」と検索してみてください!また超特急と声に出してみてください!!そしたらもう8号車の始まりです!あ、ちなみに8号車というのは僕たちを応援してくださるファンの方々をそう呼んでおります。8号車のパワーは最強なので、是非一度ライブにご乗車ください!!よろしくお願いします。

タカシ:超特急にいつも乗車してくれている8号車、そして初めて超特急を見た読者の皆さん、超特急はどんなことにも全力で取り組んで、いかに8号車が笑顔になってくれるかを第一に考えてパフォーマンスをしています。笑顔になりたい方は是非超特急のライブにご乗車下さい。

リョウガ:超特急は今まで色々なことをやってきましたが、それもまだまだ序の口です!毎日が挑戦です!8号車の期待と予想をある意味裏切ることで有名な超特急ですが、これからもそれは変わりません。ですがそれは反対に8号車が僕たちメンバーの期待と予想をある意味裏切ってもいるのです。ライブの声や一体感やイベントの反応とかね。なので、これからも同じメンバーとして高め合っていけたらなと思います。

僕たちは8号車含めて超特急です。もちろん数が多ければ多いほど超特急は強くなれます。色々な想いを乗せて走るこの電車に怖いものはありません。全国を開通させ、全世界にもレールを伸ばし、全人類の心にもレールを敷いてしまうようなグループになりたい。そのためにも8号車じゃないそこのあなた。少しでも超特急が気になったそこのあなた。ご乗車お待ちしております。

― ありがとうございました。

多くの8号車に感動を与えた国立代々木競技場第一体育館でのクリスマスライブ。自身最大規模となる同公演で見せた7人の表情は眩しく輝いていた。挑戦となったその経験を糧に、この先も“超特急”で進み続ける。(modelpress編集部)

■超特急プロフィール

コーイチ(1号車)、カイ(2号車)、リョウガ(3号車)、タクヤ(4号車)、ユーキ(5号車)、ユースケ(6号車)、タカシ(7号車)からなるメインダンサー&バックボーカルグループ。多彩なジャンルを織り交ぜたダンスを踊るメインダンサー5人と、甘く伸びやかな歌声でダンサーを支えるバックボーカル2人で構成される7人組。2011年12月25日に結成。2012年6月にインディーズデビューシングル「TRAIN」を発表。その後も立て続けにシングルやアルバムを発表し、2015年12月には国立代々木競技場第一体育館で2daysのワンマンライブを開催し、2万5000人を動員した。5月18日には同公演の模様を収録したBlu-rayをリリース。

■Blu-rayBlu-ray「超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE 2015 Fantasy Love Train~君の元までつながるRail~ at 国立代々木競技場 第一体育館」収録内容

1.TRAIN [Fantasy ver.]
2.No More Cry [3rd Anniversary Special!!!!!!!!ver.]
3.No.1 [Christmas ver.]
4.Burn!
5.Secret Express
6.Dancer’ s Solo
7.One/O Signal
8.Snow break
9.Beautiful Chaser featuring マーティー・フリードマン
10.Love again featuring マーティー・フリードマン
11.HOPE STEP JUMP
12.OVER DRIVE
13.バッタマン
14.Drive on week
15.Shake body[Yoyogi National Gymnasium ver.]
16.Fantasy Love Train~君の元までつながるRail~
17.走れ!!!!超特急
18.fanfare
19.Starlight
20.Signal[Yoyogi National Gymnasium ver.]
カテゴリ