Hey! Say! JUMP山田涼介、浅野忠信との“血だらけ”お風呂を回顧 熱いエールに感激

Hey! Say! JUMP山田涼介、浅野忠信との“血だらけ”お風呂を回顧 熱いエールに感激

【山田涼介/モデルプレス=5月26日】Hey! Say! JUMPの山田涼介が『第25回日本映画批評家大賞』にて新人男優賞を受賞。26日、東京・池袋の東京藝術劇場コンサートホールにて行われた授賞式に登壇した。

「グラスホッパー」で演じた心の奥に闇を抱えた殺し屋の青年役の演技について、“アイドルとしての顔を封印し、全身から漂ってくる殺気、荒んだ雰囲気に圧倒された”と絶賛され同賞を受賞。

同作は映画初出演にして主演を務めた『暗殺教室』より先に撮影されており、山田にとって初めて映画の現場に参加した思い入れのある作品。「自分にとっても演じたことがない役で、初の映画でこの役が務まるのかなという不安もあった」と当時の心境をしみじみと振り返り、「今回このような名誉ある賞をいただけて光栄に思います」と感謝を述べた。

◆浅野忠信との“血まみれ”お風呂を回顧

また、同作で共演し「岸辺の旅」で主演男優賞を受賞した浅野忠信が見守る中ステージに登壇した山田は、撮影期間中、乱闘シーンの撮影後に浅野と“血だらけ”の状態で一緒にお風呂に入ったというエピソードを披露。「その時に『山田くん、もっと映画出たほうがいいよ、頑張ってほしいよ』と言っていただいた言葉が胸に残っています」と笑顔を見せ、「これから出る映画に少しでも貢献できるよう、日々精進していきたいと思います」と力強くコメントした。

一方の浅野も、自身のスピーチにて「山田くん、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします!」と笑顔でエールを送った。

◆「第25回日本映画批評家大賞」

映画界を励ます目的のもと、現役の映画批評家が集結し、批評家ならではの視点で選出される同賞は、1991年にはじまり今年で25回目を迎える。山田と浅野のほか、新人女優・男優賞に「ソロモンの偽証」の藤野涼子と板垣瑞生、助演女優賞に「駆込み女と駆出し男」の満島ひかり、助演男優賞に「ビリギャル」の伊藤淳史、主演女優賞に「ピースオブケイク」の多部未華子が輝いた。(modelpress編集部)
カテゴリ