カップダウンしたくない女子必見! カップダウンしないダイエット法

カップダウンしたくない女子必見! カップダウンしないダイエット法

バストサイズをそのままにダイエットの夢を叶えたい! と思う女性もたくさんいらっしゃいますね。女性らしい胸をキープして痩せるには、どんなことに気をつければよいのでしょうか。



バストを揺らす=ダウン?


ダイエットには有酸素運動がよいとされていますが、バストが大きめの女子にとって気をつけたいのが、バストの揺れです。揺れることにより、脂肪が消費され、カップダウンの恐れがあります。どうすればバストを揺らさないで、運動できるのでしょうか。


主なやり方は2つあります。まずは、バストを固定し揺れないようにしてから運動することです。自分のサイズに合ったブラを着用することが大切です。さらに、スポーツブラなど揺れにくく、機能面に優れた下着を選ぶことも重要です。


次に、マラソンなどの胸が揺れる激しい運動を避け、ヨガのように動きはハードではないものの、じっくりと汗をかける運動がおすすめです。ダイエットでも、痩せたい部分は人によっていろいろあると思います。太ももやお腹など、部分的に痩せたいところに効く、部分痩せダイエットをすれば、胸が小さくなってしまうリスクも少なくなります。


 


食事制限はカップダウンに!


breakfast-848313_960_720


ダイエットをしているからと、食事の量を減らす方もいらっしゃると思いますが、食事制限はカップダウンにつながってしまいます。なぜなら、食事の量を減らすと全体的に痩せてしまうため、バストサイズも小さくなってしまうからです。


せっかくダイエットをするなら、女性らしいプロポーションを保ちながら成功させたいですね。食事では、筋肉の栄養になるたんぱく質やホルモンを整える大豆などを中心に摂取し、過度な食事制限は行わないほうがベターです。


出るところは出て、締めるところは締めるメリハリのある体で、「美しく健康的」な女性を目指してみてはいかがでしょうか。


 


猫背女子は姿勢を正す!


実は本当に正しい姿勢で日常生活をおくることができれば、必要な筋肉は自然と鍛えられるようになっています。しかし、本当に正しい姿勢ができる人は、少ないのが現状です。その理由は、日常生活で身に付いてしまった歪みにあります。


正しい姿勢を確認するには立ったまま、後頭部や肩甲骨、おしり、ふくらはぎ、かかとが壁につく状態です。腰のあたりは手のひらが1つ半入るスペースがあるのが理想です。この状態をキープするだけで代謝が改善し、内臓の働きも良くなることが期待できます。


猫背の人はバストが垂れ気味になってしまいますので、正しい姿勢を保つことを心がけてみましょう。効率的にダイエットをしながら、美しいボディラインが目指せます。


 




成功はステキなプロポーション


バストが大きめの方は、ダイエットに成功すれば、女性らしいプロポーションを手に入れやすいメリットがあります。胸を揺らしすぎず、効率的にダイエットをすることを、常に意識してダイエットをしてみてください。また、正しい姿勢で若々しさもキープしてみてはいかがでしょうか。




(西園寺さくら/ライター)


カテゴリ