美肌を作るファンデーションの正しい選び方

美肌を作るファンデーションの正しい選び方

【美容/モデルプレス】あなたが今使っているファンデーションは、自分に合っていますか? 自分の肌質にあったものを選ばないと、肌トラブルを引き起こしてしまいますし、肌色に合った色を使わないと顔だけ白くなったりしてバランスが悪くなってしまいますよ。自分に合ったファンデーションを見つけて美肌を目指しましょう。

♥自分に合ったファンデーション、知っていますか?

あなたは自分の肌にはどのようなファンデーションが合っているか知っていますか?

ファンデーションを選ぶ上で大切なポイントは「タイプ」と「色」。

これを間違えては、なかなか理想の肌には辿りつけませんよ。

♥ファンデーションの種類

まず、ファンデーションにはどのような種類があるかご紹介します。

・パウダーファンデーション

粉末状のファンデーションを固めた形状(ケーキ)になっていて、手軽に使用できるため、一番広く普及しています。

・リキッドファンデーション

パウダーファンデーションとともに有名なのが、リキッドファンデーション。

油性成分が液状になっているタイプのファンデーションで、質感は乳液のような軽いタッチのものから、ドロっとした重たいものまであり、粉のファンデーションよりも伸びが良く、フィット感やカバー力が高いのが特徴。

・クリームファンデーション

リキッドファンデーションよりも油脂成分が多いため、保湿力が高く、しっとりとした仕上がりでカバー力も高め。

・ルースファンデーション

サラサラの粉が固められずにそのまま容器に入ったタイプで、軽いつけ心地のため、元の肌を生かしたふんわりとした仕上がりに。

一年中使えるのが利点ですが、カバー力が低く、化粧くずれしやすいのが難点。

♥自分の肌色に合ったファンデーションの色

自分の肌に合ったファンデーションを選ぶには、フェイスラインにファンデーションをつけて確認してみると良いですよ。

顔とのなじみ、首との馴染みの両方を確認でき、本当に自分に合ったファンデーションの色が分かります。

黄色みがある肌の人はピンク系。顔に赤みがある肌の人はベージュ系がおすすめ。

また、色白の肌は薄いベージュ系。色黒の肌はオークル系カラー+ピンク系がおすすめですよ。

♥年齢別ファンデーションの選び方

次に、年齢別のファンデーションの選び方をご紹介します。

・10代はフェイスパウダーで十分

10代はそのままでも十分肌がキレイなので、正直ファンデーションは必要ありません。

また、早い年齢からファンデーションをすると、肌の老化を早めてしまうので、テカリが気になる方は、肌に優しいフェイスパウダーのみ、またはミネラルファンデーションで仕上げるのがおすすめですよ。

・20代は肌質に合わせて選ぶ

20歳を過ぎると、年齢を重ねる毎に肌質が変化していきます。

また、季節や生活習慣によって肌質が大きく変わるので、乾燥肌は保湿力の高いリキッドやクリームタイプ、オイリー肌は油分の少ないパウダータイプと、その時の肌質や悩みに合わせて選ぶことが大切ですよ。

・30代は保湿効果や美肌成分にこだわって

お肌がどんどん乾燥してきて、カサカサ肌に悩まされることが多くなる30代には、保湿効果のある、乾燥を防いでくれるクリームやリキッドタイプがおすすめ。

また30代になると、小じわや毛穴の開き、毛穴のたるみが目立ってくるので、シワが深くなりファンデーション溜まりができるのを防いでくれる、肌に優しく保湿効果が高い、美容成分がたくさん含まれているものを使うと良いですよ。

いかがでしたか。

肌がきれいだと、周りの評判が良くなるだけでなく、自分の気分も良くなりますよね。

自分の肌の状態をしっかり理解して、自分に合ったファンデーションでいつでも清潔感のある美肌のモテ女を目指しましょう。(modelpress編集部)
カテゴリ