大人女子のネイルケア「指先を美しく見せる」4つのポイント

大人女子のネイルケア「指先を美しく見せる」4つのポイント

女性にとって指は“女らしさ”の象徴であり、美しさを演出するパーツの一つ。ケアしている指と手入れしていない指を比べると、その差は一目瞭然です。


爪の表面を磨く場合や甘皮の処理など本格的なケアはネイルサロンを利用したほうがよさそうですが、たとえネイルサロンに行かずとも自宅でケアできる範囲もあります。


毎日10分程度のケアを習慣にすれば、見違えるような指先が美しくなりますよ。とっても簡単なので、ぜひ今日から試してみてはいかがでしょうか。



ポイント1 美しい指先の条件


まず、はじめに美しい指先の条件から。


・爪の表面が滑らか

・爪の表面は薄いピンク色でツヤがある

・爪周りの皮膚が潤っている


 


ポイント2 指先のトリートメント


次に、ハンドマッサージしながらのネイルトリートメント。


Step1 お湯で手を洗う。


Step2 手の甲に化粧水を垂らし、指先に向かって伸ばす。


Step3 爪周りを揉むようにマッサージする。


Step4 手の甲にハンドクリームをのせ、指先に向かって伸ばす。


Step5 全体的に手をマッサージしながら血行を促進。


Step6 ネイルオイルを2~3滴ほど爪周りにたらす。


Step7 優しく爪周りをマッサージしながらネイルオイルを馴染ませる。


Step8 ベタつかなくなったら完了。


02


朝晩1日2回、こうやってケアすれば爪にツヤが出て指先の見た目も美しくなります。さらに乾燥を防ぐのにも効果的で、健康的な爪が育ちやすくなりますね。


せっかくなら、ネイルオイルの成分にもこだわりたいところ。ケラチンやビタミンEなどを配合したネイルオイルだと美容効果が高まりますよ。


 


ポイント3 爪に栄養を与える


爪の成分は皮膚と同じ。肌を作る主成分がケラチンですから、爪にとっても大切な栄養素。爪の成分がカルシウムだと思っている人、それは間違いですよ。


爪に含まれるカルシウムは、わずか0.1%~0.2%。なので、ケラチンの原料となるタンパク質を食べないとダメなんです。


タンパク質の理想的なバランスは、「植物性タンパク質6割:動物性タンパク質4割」。植物性は爪に弾力とツヤを与え、動物性は丈夫で割れにくい爪をつくります。


ほかにも爪を美しくする栄養素は様々。特に爪が弱い人は食生活の見直しが重要です。爪にツヤがなくて白くなっているときは爪が不健康なサイン。


体の内側からもネイルケアするよう心がけましょう。ダイエット中の女性も注意が必要です。栄養が偏ると爪の状態も悪くなってしまうおそれがありますからね。


03


<ヘルシーで爪に健康的な栄養素>


■タンパク質・・・ケラチンの原料


ささみ・鶏胸肉・豚ヒレ・エビ・イカ・豆腐・卵・ヨーグルトやミルクなど乳製品


■ビタミンA・・・酸化を防ぎ、爪を丈夫にする


黄色野菜・レバー・イワシ・ウナギ・サバ


■ビタミンB2・・・代謝アップで爪の成長を促す


リンゴ・ほうれん草・ニンジン・アスパラガス


■ビタミンC・・・爪に弾力とツヤを促し、ささくれの予防効果


ピーマン・トマト・レモン・グレープフルーツ・オレンジ


■βカロチン・・・爪の乾燥防止対策


ピーマン・モロヘイヤ・シソ・パセリ


■鉄分・・・丈夫な爪をつくる


ひじき・アサリ・シジミ・マグロ


■亜鉛・・・代謝アップで爪の成長を促す


豚のレバー・カボチャ・ナッツ類・牡蠣・魚介類


■カルシウム・・・爪の成長をサポートする


チーズ・乳製品・豆腐・豆乳・納豆


 


ポイント4 レモンの皮でネイルケア


料理でレモンを使ったあと、捨てるなんてもったいない!実は、レモンはネイルケアにも役立つ優れた食材。その理由は、レモンの皮に多いクエン酸がポイント。


クエン酸は爪の表面にこびりついている不要な油分や角質を溶かし、殺菌効果を高めてくれます。また、爪周りにも良い影響があり、ささくれや乾燥防止にも効果的。


レモンの皮で爪の表面を優しくこすり、白っぽく変化したら不要なものがとれた証拠。クエン酸が黄ばみのもとを分解し、爪の表面を美白にしてくれるんですね。


gahag-0085652256




さて、いかがでしょうか。美しい爪は、美しい大人女子の条件。指先がキレイになると気分も良くなりますし、さっそく今日から始めてみませんか?


ぜひ、ネイルケアの参考に役立ててみてはいかがでしょうか。




カテゴリ