西内まりや、初の試みに緊張「気持ちが伝わるといいです」

西内まりや、初の試みに緊張「気持ちが伝わるといいです」

【西内まりや/モデルプレス=6月12日】歌手で女優の西内まりやが、19日放送のTOKYO FM「西内まりや『for You...』supported by 日本がん予防協会」(毎週日曜よる11:30~11:55 ※TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット)に出演。西内は今回、ラジオでは初となるピアノ弾き語りを披露。また、父の日にちなみ、自身の父親とのエピソードを語る。

◆初の作詞作曲を手掛けた楽曲で弾き語り

番組内で演奏する楽曲は、西内が初めて作詞作曲に挑戦した「ありがとうFoever...」。「この曲は、福岡から上京して、不安を抱えながらも夢を追い続ける自分の実体験を曲にしてみました。日頃応援してくださっている方、支えてくださっている方への感謝の気持ちを歌っています。父の日にちなんで、全国の頑張っているお父さんたちにも感謝の気持ちを込めて歌わせていただきます」と紹介。

演奏を終えると「緊張しました!でも、ラジオを聴いている方に耳から“ありがとう”の気持ちが伝わるといいです」と感想を述べた。

◆「今でも抱っこしてくれる」“アツい”父

また、放送日は「父の日」ということで、自身の父親とのエピソードも披露。「上京して9年経ちますが、今でもよくメールしています。小さい頃はプールに行ったり、サイクリングしたり。いつも父の背中につかまって泳いだり、サイクリングする時も、父の背中に乗って。今でも会うと抱っこしてくれるような、アツい父親です!『まりや、大きくなったな!』って言われます(笑)。そんな父親が大好きです!感謝の気持ちを、伝えようと思います」と微笑ましいエピソードを語った。(modelpress編集部)
カテゴリ