ぜったいダメ!行ってはいけない全国の超有名心霊スポット

ぜったいダメ!行ってはいけない全国の超有名心霊スポット

暑い夏に欠かせないものといえば・・・そうホラー!
ホラー映画やドラマ、お化け屋敷の話題が増えるのもこの時期のお約束です。
実際に行くのはおすすめしませんが、恐ろしい場所があるとわかっただけでも涼が取れるハズ。
そんな全国の超有名心霊スポットを紹介します。

1.怨念と祟りがガチすぎる「平将門の首塚」
テレビ朝日系ドラマ『都市伝説の女』の第1話の題材にもなった東京都千代田区にある将門塚。
無礼な振る舞いは祟りがあるとして、将門塚に隣り合うビルはかなり気を使っているような都市伝説もある模様。
実際に将門塚近くの企業は、「史蹟将門塚保存会」に参加して将門塚の維持や管理を行っているそうです。

2.富士の樹海で知られる自殺スポット「青木ヶ原樹海」
山梨県富士河口湖町にある青木ヶ原樹海。
テレビ番組で自殺の名所として取り上げられることも多く、遊歩道から外れた森の奥は普通じゃないような濃厚な空気が漂っているように思えます。
土地の磁場のせいなのか方位磁針が狂うなどの妙説もあるようです。

3.九州で一番ヤバイとされている「犬鳴峠」
福岡県久山町にある旧道トンネルの入り口にはブロックが積まれて封鎖されています。
昔犬鳴峠付近に"犬鳴村"の集落があり、治外法権の恐ろしい村だったという都市伝説が語り継がれています...

4.各地に点在するホワイトハウスの原点「ホワイトハウス」
新潟県の海水浴場・角田浜の近くにある廃墟ホワイトハウス。
昭和の初め、外交官家族の娘が発狂したことから彼女を二階に隔離したが、一家惨殺という結果になったそうです。
ホワイトハウスと呼ばれる心霊スポットの元祖と言われています。

5.奇跡体験!アンビリバボーで紹介された「杉沢村跡地」
青森県にある杉沢村跡地は、鳥居とその奥に数件の集落があったとされる整地された跡地があります。
昭和の初め、発狂した一人の村人によって集落全員が殺され、犯人も自ら命を絶つという事件があったそうです。
その後、廃村となり地図から抹消されたとのこと・・・。
カテゴリ