えっ!寝る前の過ごし方で美人度が変わるってホント!?

えっ!寝る前の過ごし方で美人度が変わるってホント!?

寝る前に考え事をすると、脳みそが冴えまくって眠れなくなります。伊集院チワワです。

そしてどんどん気持ちが追い込まれていきます…。
寝る前の考え事は禁止だなw

ということで、今回のテーマは「寝る前の過ごし方」。
色々調べてみたら、寝る前の過ごし方次第で美人度が変わるようです。ヒイィィィ!!!

いったいどんな過ごし方がいいの?もしかして、寝る前のアレやコレを変えるだけで、美人になれちゃうの!?

ということで、脱ブs(略)したい私が、本気になって調べてみましたぞい!


1. 寝る3時間前までに食事を終える

夕飯は寝る3時間前までに終わらせましょう!
食後3時間程度あければ、消化の大半が終わっています。
そうすれば、寝ている最中に消化にエネルギーを持って行かれる心配はないとのこと。

Q. 寝ている最中に消化にエネルギーを使うとどうなるの?

A. 体力を回復するためのエネルギーが消化に持って行かれて、寝ても寝ても眠いとか、次の日がツラいとか、そういう状態になってしまうよ…。

睡眠中は胃腸の動きも鈍くなるので、消化不良になってしまう可能性も高いそう。

消化不良は美肌とダイエットの大敵!

23時に寝るとして、20時までには夕飯を終わらせたいですね。


2. 寝る前にストレッチをして身体をほぐす

寝る前にストレッチをすることで、身体がリラックス状態になり、質のいい睡眠をとれるようになるそうです。
またストレッチを習慣にすることで、身体の代謝があがって、痩せやすく太りにくい体質にもなれちゃうんだとか!

ベッドの上で簡単にできるストレッチはこちら


3. 布団に入ってからのスマホいじりは禁止

ついついやってしまいがちな、ベッドの中でのスマホいじり。
眠くなるまでヒマだからという理由で、ゲームやLINEをいじっちゃうそこのあなた!(ハイ、私です)

電気を消した部屋でスマホをいじる行為は、目への負担が大きく、最悪の場合、不眠症を患ってしまう危険性もあるそうです。

眠れなくなったら肌がボロボロになる可能性もあるし、寝不足の人は太りやすいという話も聞いたことあるし…。こわい…!

これからは、本格的に眠くなってから布団に入るようにしよう。


4. 目を閉じながらピンク色のものをイメージする

ピンク色のものを見ていると、心が穏やかになったり、緊張がほぐれたりと、身体がリラックスモードになるそうです。
寝る前にピンク色のものをみたり、イメージすることで、深い眠りにつけるそう。

調べていたら「ピンク呼吸法」というものがありました。
ピンク色をイメージした後、身体の中にある汚い色のものを吐き出すように息を吐き、その後、ピンク色をゆっくり吸い込むのだそうです。

詳しくはこちら

とりあえずこれも実践してみるぞ!タダだし!w



最後に

いかがでしたでしょうか。
睡眠の質をあげて、健康的に美人になって、チヤホヤされてモテたいな…w
以上!チワワでした!
カテゴリ