7/8にBlu-ray&DVD発売!映画「ピンクとグレー」に隠されたトリックって?

7/8にBlu-ray&DVD発売!映画「ピンクとグレー」に隠されたトリックって?

2016年1月9日に公開された映画『ピンクとグレー』
みなさん、見に行きましたか?
「見に行ってない!!」という人も、「もう一回見たーい♡」という人も、朗報ですよ☆
7月8日(金)にBlu-ray&DVDが発売です!!
では、『ピンクとグレー』についておさらいしておきましょう!


1.原作は加藤シゲアキさんの同名小説

多分、知ってる人も多い…というかかなり話題になったから、みんな知ってるかな?
原作小説はNEWSのメンバーである、加藤シゲアキさんの処女作なんですよね。
アイドルでもあり小説家としての顔も持つ加藤シゲアキさんの、衝撃のデビュー作だったんです。

それというのも、現役アイドルが‟芸能界の裏と表”を描いているから。
「もしかして実話なの…?」なんて勘ぐりたくなるのも、仕方ないというもの。

この作品が評価されたことで、その後も作家として精力的に活動を続けています。
渋谷と芸能界が舞台となっていることから、『閃光スクランブル』『Burn.-バーン-』と合わせて、渋谷サーガ3部作とも呼ばれています。

2.ピンクとグレーのあらすじ

「幕開けから62分後の衝撃!ピンクからグレーに世界が変わる‟ある仕掛け”に、あなたは心奪われる――。」

このキャッチフレーズだけで、なんか、ワクワクして気になりませんか?
仕掛けってなに!?
まあ、映画を見ていない人のためにネタバレはしないでおきますが…まさに衝撃でした!!
「え?え??なになに!?どういうことっ!!??」
プチ混乱に襲われること間違いなしですね( ̄▽ ̄)ニヤ

小学生のときに、大阪から横浜へと引っ越してきた河田大貴は、同じ団地に住む鈴木真吾と意気投合。
2人は親友として、つねにいっしょに青春を過ごします。

高2で雑誌編集者の赤城にスカウトされた大貴と真吾は、モデルとして活動を始めることに。
エキストラなどをしながらドラマの出演を目指す2人は、一緒に暮らしはじめます。
夢に向かってキラキラと輝くような、楽しい時間…。
しかし、それはずっとは続かないのでした。

あることがきっかけでスターへの道を拓いた真吾と、端役にとどまり続ける大貴。
すれ違う時間は、2人の心の距離も遠ざけていくのでした。
別々の道を行くことを決めた大貴と真吾。

それから数年後、2人は高校のクラス会で再会します。
お酒の力でいつの間にかわだかまりが溶けて、あの頃の自分たちに戻ったかのように思えたのに――翌日、真吾は自殺してしまったのです。

スターとしてふさわしい最後の演出を託した、6通の遺書を残して…。

皮肉にも真吾の死によって脚光をあびるようになった大貴は、真吾と同じスターの座に。
偽りであるように思えてならない名声に、大貴の心は次第に苛まれていきます。
どうして真吾が死ななくてはならなかったのか?
あの日から問い続けている疑問は、解決されずに宙ぶらりんなまま。
果たして‟真吾の死の真実”とは――?

映画は監督の意向でアレンジが加わっているので、原作小説のファンの人も新鮮に楽しめると思います♪

3.気になるキャストは?

さて、気になるキャストですが、旬の面々が揃ってますよ~。

●河田大貴:菅田将暉
●鈴木真吾/(芸名)白木蓮吾:中島裕翔
●サリー(2人のおさななじみ):夏帆
●その他:柳楽優弥、岸井ゆきの、宮崎美子など

菅田将暉さんと中島裕翔さんが揃っているだけで、画面がなんて麗しいのっていう。
ついつい見とれてしまったのは、私だけじゃないハズw

演技力に定評のある2人だけあって、もう物語に引きずり込まれまくりました!!
だからこその、あの仕掛けに「やられた!」感が増したんでしょうね。


加藤シゲアキさん原作の映画『ピンクとグレー』をご紹介しました!
Blu-rayやDVDで、ぜひみなさんも62分後の世界を体験してみてくださいね☆
カテゴリ