成長し合える関係が理想的? AB型男5つの恋愛パターン

成長し合える関係が理想的? AB型男5つの恋愛パターン

AB型と聞いてイメージするのは、二重人格やミステリアスといった不思議な印象。確かに独特な世界観をもっていますが、よく観察すると意外にシンプルな性格。


情が深く真面目で理解力もあったりして、実は結婚に向いている一面もあるんです。そんなAB型男の恋愛パターンをまとめてみました。



<二面性は仕方ない>


優等生かと思いきや不良な一面があったり、慎重かと思えば突発的に大胆なことをしてみたり、ときにクールでときに情熱的なAB型男は、やはり二面性の持ち主。


そもそもAとBが血液型の名前になっている時点で独特なんですから、二面性があっても不思議じゃないんですよ。二面性を優しく受け入れてくれる女性でなければ、継続的な恋愛は難しいかもしれませんね。


 


<成長し合える関係を好む>


自立心が強く、努力家の女性に胸がトキメクようです。そして、それに負けないように自らを高めることのできるAB型男。お互いに成長し合える関係を求める傾向があります。


仕事を頑張る姿勢や、夢や目標など情熱的な女性の姿を見ると恋心が芽生えることも珍しくありません。つまり、尊敬できるパートナーが理想的というわけです。


 


<素直で穏やかな性格>


駆け引きや回りくどい表現よりもストレートなコミュニケーションを好むAB型男。試されていると感じたら、すぐに見切ってしまう分かりやすい性格です。


普段は素直で穏やかですが、機嫌を損ねると厄介。AB型男の興味をひきたいなら、ストレートな言葉でスキンシップをとったほうが好意をもたれやすくなります。


 


<近すぎず離れすぎず、が理想>


基本的にはクールで落ち着いたスタンスなので、イチャイチャしたりベタベタしたりするのを好みません。理性をもって大人の関係を理想とする傾向が強いです。だから、束縛や嫉妬も苦手。


好きになるタイプは、ずばり精神的に自立した大人の女性です。近すぎず、かといって離れすぎない関係を望んでおり、表面的なつながりではなく“心のつながり”を重んじるみたいですね。


 


<デリケートで傷つきやすい>


AB型男は自己防衛の意識が強く、デリケートで傷つきやすい性格。そのため、リスクの高い行動は起こさないのが特徴です。気になる人がいても、告白されるまで待つ受け身の体質。


神経質で優柔不断な一面もあるので、慎重に距離を縮めていく傾向があります。また、孤独を愛するダークな性質もありますから、AB型男にアプローチするなら徐々に関係を深めていくと効果的かもしれません。


 




恋愛におけるAB型男の特徴は、感情を読みづらいところ。そして、人前ではクールに冷静さを保っていても、心を許した相手には素直にあまえるところ。


心を許すまで時間が必要ですが、関係さえ深まればあとは簡単。理解力もあって基本的には真面目な性格ですし、付き合い始めると長い交際がAB型男の恋愛パターンです。



カテゴリ