夏休みの自由研究☆女子でも簡単!100円アイテムでできる理科実験

夏休みの自由研究☆女子でも簡単!100円アイテムでできる理科実験

今、小学生でも簡単にできる100円アイテムを使った理科実験が大流行!
今回は中学生以上向けに、「どうしてそうなるのか?」を細かく調べて発展させると面白い100円アイテム実験を紹介します。♡目指せ未来のリケジョ☆

1.私のプリンを食べたのは誰!?アイシャドウで指紋検出
<用意するもの>
・アイシャドウ(なければママのものか、100円アイテム)
・プリン(コップでもOK)
・ティッシュペーパー
・セロハンテープ
・黒い紙
<やり方>
食べ終わったプリン容器の側面に、ハケを使ってアイシャドウの粉を多めにふりかけます。ティッシュペーパーで余分な粉を軽く払い落とします。すると指紋が現れます。
セロハンテープで現れた指紋を貼り取り、黒い紙に貼っておくと見やすく保存できます。

発展学習としては、なぜアイシャドウが付着するのか、警察の捜査では何が使われているか、指紋の形の違いなどを細かく調べると面白いかもしれません♪

2.素焼きの人形が可愛いスノーマンに!?
<用意するもの>
・素焼きの人形(100円アイテム)
・人形が入る大きさで深さのない容器
・食塩
・コップ
・スプーン
・水
<やり方>
普通のコップに水とスプーン山盛り2杯の食塩を入れてかき混ぜ、食塩水を作ります。
容器の中に素焼きの人形を入れ、食塩水を容器に注ぎます。この時、素焼きの人形の下の部分だけが食塩水に浸かるようにしておきます。
人形の入った容器は風通しの良い場所に置き、毎日決まった時間に観察します。
容器の食塩水は減りますので、なくなったら注ぎ足すようにします。
何日か繰り返すと、人形の表面に食塩の結晶が見て取れ、2週間くらいすると塩の結晶が育ち、スノーマンのようになります。

なぜ人形の表面に塩の結晶ができるのか、結晶は顕微鏡で見るとどんな形をしているかなど研究を発展させると楽しいですね!


カテゴリ