どんな恋愛にも「飽き」がある!マンネリの危機を乗り越える方法

どんな恋愛にも「飽き」がある!マンネリの危機を乗り越える方法

仲良くしていたのに、彼の態度が急に冷たくなった……。あ、相手に飽きられてるな、と気付く瞬間がありますよね。あれもこれも前とは違う彼の言動。「なにか嫌われることしたかしら?」と気持ちがぐるぐるして、嫌な考えが止まらず不安になることもあります。



結論から言ってしまうと、飽きない恋愛なんてあり得ません。


早かれ遅かれやってくる「飽き」にどう向き合っていくか、順を追って考えてみましょう。


初めのころと態度が変わるのは当たり前。二人の関係が変わった


連絡が激減する、言葉に優しさがない、会っていても心ここにあらず、心ない発言……。これらは仕方がないことだと思ってください。


出会った頃にあった、全てが新鮮で刺激的だったトキメキは二度と戻ってきません。無理をしてまであなたに尽くしてくれた状態がいつまでも続いたら彼の身が持ちません。「飽き」「冷め」というのは誰にとっても、ある日突然、前触れもなく訪れるのです。


問い詰める前に新しいことを始めて、距離を置いてみる


「嫌われちゃった、他に好きな人ができたのかなあ……」と、もやもやした日々が続くと悪いことしか考えられなくなります。精神的にキツくて、いつしか彼に爆発してしまい、別れ話にもなりかねません。


そういうときは、「彼は疲れている」と理解して、少し放っておくのが良いでしょう。

あなたも、彼への執着から解放されて好きなこと、新しいことを始める時期です。自分を磨くチャンスですね。


距離を置いたあとに、答えが出る


距離を置き、たまに連絡をとって、お互いのことをふと考える。少し飛ばしすぎたのかな……と振り返ることもあるでしょう。

さて、あなたの気持ちはどうでしょうか?


色々な人と会えば会うほど、彼の良さを実感して辛かったですか? もしくは、会わなくても案外平気で、他にいい人や楽しいことがいっぱいあったでしょうか?


再会のときはおのずとやってきます。そのときに彼の言葉に耳をすませると「飽き」の正体も分かります。二人でじっくり話し合えば、これからの方向性が見えてくるはずですよ。


二人の再スタート


彼が久しぶりに目にしたあなたは、前より自立したように見え、「なんだか変わったね」なんて言われるかもしれませんね。

緩やかな歩みが再スタートするか、それぞれの道を歩み出すのか、もしくはもう他の恋が始まっているのか。


二人の関係はなすがままに身を委ねましょう。最後に、カップルのみなさんへ。結婚をするなら、結婚生活は「飽きた状態」が永遠に続くようなもの。飽きをうまく消化して、長く一緒にいられるようにしましょう。


 

(水咲 かや/ライター)


カテゴリ