【 2016年 春アニメ】 甲鉄城のカバネリ 第11話 「燃える命」 【感想コラム】

こんにちは。


『 甲鉄城のカバネリ 』と、7月14日(木)より放送開始の、TVアニメ『バッテリー』の、合同展示イベント『カバネリ&バッテリー展 ~三振目標で六根清浄~ 』が、期間限定で、開催されるそうです。


【カバネリ&バッテリー展~三振目標で六根清浄!~】

日程:7月16日(土)~9月30日(金)

場所:アクアシティお台場 メディアージュ1F シネマアトリウム

料金:入場無料


『 甲鉄城のカバネリ 』展は、


7月16日(土)~

・絵コンテや原画など、貴重な制作資料の公開

・メインキャラクター10名の声優陣サイン入り等身大タペストリーの展示

・美樹本晴彦さんによる、イラストの複製原画などの展示


8月下旬~

・美樹本晴彦さん描き下ろしの、「無名」のイラストを完全再現した、等身大フィギュアの登場。更に、限定受注販売も予定。


というスケジュールだそうです。


これは、是が非でも見たいですね。また、東京に遊びに行かなければ……!


では、第11話のまとめを書かせて頂きます。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


■甲鉄城のカバネリ 第11話 「燃える命」


将軍である父親と、10年ぶりの再会を果たした美馬は、策を用いて、将軍にカバネのウイルスを注入し、城内に大混乱を引き起こす。


一方、一命を取り留めた生駒は、目の前で親友を殺されたこと、そして、仲間である、無名に刺されたことで、戦いに対して、臆病になってしまっていた。


カバネから、逃げ続ける生駒。


しかし、思わぬところで、来栖との再会を果たし、無名が、ヌエになろうとしていることを知る。


様々な葛藤の末、生駒が出した答えとは……?!


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


【将軍と美馬】
将軍の座を巡り、暗闘の日々を過ごしていた、美馬の父親。それゆえ、自分以外の人間は、みんな敵だと思いこんでいたのでしょうね。


でも、幼い美馬に切りかかったり、美馬の隊を壊滅させたりと、自分の息子まで手にかけようとしていたあたり、脅え方が、少し異常だと思うのですが……。

(磐戸大門を破壊したのが、黒けぶりだと知っていた、通信士も、殺してしまいましたしね;)


そんな将軍を打ち取り、復讐を果たした美馬。さらに、カバネのウイルスを利用して、金剛郭を、パニック状態に陥らせます。


もう……!一体、どこまでやれば気が済むの、美馬さま!


けれど、かつて、父と子として、楽しく過ごしていた時期を思い出す、美馬の横顔には、何とも言えない、複雑な表情が浮かんでいました。


もしかしたら、美馬は、既に、復讐の虚しさに気づいているのかもしれません。


【ヌエへと変貌していく無名】
未だに、操り人形状態の無名。


滅火と同様、ヌエ(カバネリを心臓に使った、人工の融合群体)になる薬を打たれてしまいます。

金剛郭に転がる、死体を、次々と取り込み、巨大化していくヌエ。


ヌエが、全てを壊してしまう前に、生駒は、無名を救い出すことが出来るのでしょうか?!


【来栖の叱咤激励と、生駒の復活】
ショックなことが立て続き、縮こまってしまった生駒に、来栖は、「お前は、今、どうして生きていると思う?」と問いかけ、無名が、わざと、急所を避けてくれたことを伝えます。


それを知り、無名を助けるために、自らの体に、カバネ細胞を活性化させる、黒血漿を打ち込んだ、生駒。


生駒の断髪シーン、そして、「今こそ俺は、俺の誇れる俺になるんだああああ!」と叫ぶシーンには、鳥肌が立ちました。


そういえば、来栖と一緒に落下した、謎の科学者は、美馬の仲間というわけではなく、ただ、研究の結果を知りたいだけのようですね。


彼が、あっさり協力してくれて、良かったです。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


前回の、筆者の妄想が、少しだけ当たりましたね。

来栖の再登場は、本当に嬉しかったです。

(しかも、髪をおろした来栖は、ワイルドなイケメンでしたー!)


しかしながら、生駒が、無名を助けるために、自らの命を捨ててしまいそうで不安です……。

(「美馬を殺し、無名を救う。もう、そのためだけの命だ」と言っていたので;)

生駒にも生きていて欲しいよ……。


それに、金剛郭にいる甲鉄城のみんなも、どうか無事でありますように。


 



【 2016年 春アニメ 】甲鉄城のカバネリ 感想コラム まとめページ



(あにぶ編集部/槙島 さくら)
カテゴリ