夏休み後の学校へ行きたくない気分の克服方法

夏休み後の学校へ行きたくない気分の克服方法

夏休み終了のカウントダウンが始まると、どんどん気分が憂鬱になってきますよね。
どうも、伊集院チワワです。

でも、モヤモヤしていたって登校日は来ちゃうんだ…!

ということで今回は「夏休み後の学校へ行きたくない気分の克服方法」をテーマに、いろいろ考えたり調べたりしてみました!

もう登校拒否になりかけたりしないぞ…(遠くの空を見つめながら)。


1. 超早起きする

登校日には超早起きしてみるのがいいようです。
朝4時に起きて暇を持て余していれば、自然と学校に行きたくなるみたいです。

これといった理由はないけれど、なんとなく学校行きたくないな〜と思っている人は試してみる価値あり!
生活リズムが夏休み期間で狂ってしまった人も、リセットするためにぜひ早起きを!


2. 放課後の予定を友達と計画しておく

「学校に行くのが面倒くさい」という理由で学校に行きたくない人は、登校日の放課後の予定を立てておくのもいいみたいです。

放課後に予定が入っていたら、登校初日のダルさも少しは軽減されるかもしれません♪


3. 休んでしまった後に何が起きてしまうかを考える

学校に行くのも面倒くさいですが、学校を休んでしまった後もそれはそれで面倒なんですよね。

学校を休んでしまうと、

・明日友達になんて言おう
・仮病を使ってしまった罪悪感に押しつぶされそう←
・みんな何か噂してたらどうしようetc...

いろいろ考えてしまって、さらに面倒くさいことになります。
そんなことだったら学校行ったほうがマシだ…(白目)。


4. 何も考えずにお風呂に入る

気持ちがモヤモヤしたときほどお風呂です!
お風呂に入って心も身体もホッカホカにさせてしまえば、学校に行きたくない気分は和らぎます。

イヤな気分のときにはとにかくお風呂!


最後に

いかがでしたでしょうか。
夏休みをエンジョイすればするほど、ぐ〜たらすればするほど、登校日がツラくなるんですよね。
もし参考になったら嬉しいです。チワワでした!
カテゴリ