夏休みがチャンス!自力で二重まぶたにする方法にトライ

夏休みがチャンス!自力で二重まぶたにする方法にトライ

二重だったらよかったのに…と思っているコ、いませんか?
実は、自力で二重まぶたになったというケースは、多いのです。
一日や二日でいきなりは無理だけど、時間がたっぷりある夏休みならチャンス!
夏休み明けに、念願のパッチリ二重まぶたになる方法とは?


○アイプチやアイテープを使う

JCJKにおなじみの、アイプチやアイテープ。
気軽にできると、大人気のアイテムです。
ポイントは、夜やること。夜は、二重のクセがつきやすいので、ぜひやってみください。
さらにアイマスクをして寝ると、寝ている間に取れていたなんてことも防げますよ。

○ばんそうこうを活用する

まず、ばんそうこうの粘着テープの部分を細長く切ります。
目を開けた状態で、まつ毛の生え際に沿って、そのばんそうこうを貼ってください。
これも、アイプチやアイテープ同様、夜がいいですね。

○蒙古ひだのマッサージ

蒙古ひだというのは、日本人特有のもの。
この部分をマッサージすることで、蒙古ひだも徐々になくなり、目がスッキリ見えるのです。
眉毛の生え際~鼻筋と目頭の間~目頭の下の部分を、両方の指で
はさむようにマッサージします。


○目元のむくみをケア

フェイスタオルを2枚用意したら、両方とも水で濡らします。
1枚はレンジでチンしてください。温めたタオルを約5分目元にのせたら、
冷たいタオルを約1分目元にのせます。この流れを数回行うことで、目元のむくみがなくなってきます。


○血行を良くするマッサージ

まぶたの血行が良くなると、むくみ改善にもつながります。
眉間のすぐ下の、骨が落ち込んでいるところを15秒間押さえつけるだけ。
これを眉頭から眉尻にかけて、順番に行います。いつでも簡単にできるので、やってみてくださいね。


一重まぶたにも、いろんなタイプがあります。そのタイプに合った方法を選ぶことで、より
効果を感じるはず。
例えば、切れ長ですっきりした一重まぶたの場合は、二重の線を毎日つけるようにしてみる方法がオススメ。はれぼったい一重まぶたの場合は、まぶたのマッサージがオススメ。むくみを取ることで、まぶたがスッキリして二重まぶたになる可能性があります。むくみが気になる一重まぶたの場合も、まぶたのマッサージが最適です。

夏休みは、始まったばかり。早速今日から、自分にぴったりの方法にトライしてみませんか?
9月には、憧れの二重まぶたになったらいいですね♪
カテゴリ