あの人気コミック「聲の形」が待望の映画化 9月17日全国ロードショー!

あの人気コミック「聲の形」が待望の映画化 9月17日全国ロードショー!

「週刊少年マガジン」に掲載された、大人気コミック「聲の形」を知っていますか?
男子向けと思いきや、女子が観ても充分楽しめる内容なんです。


このコミックが、京都アニメーションにより、アニメーション映画に!
この、京都アニメーションは、「映画 けいおん!」をはじめとした多くの作品を出している実力派だから、期待も高まります。

○心に刺さるストーリー

転校生・西宮硝子に興味津々の石田将也。でも、硝子との間に起こったある出来事をきっかけに、孤立してしまい…。5年間心を閉ざしたまま高校生になった将也は、今は別の学校に通う硝子のもとを訪れます。再会した2人は、互いに心を開くことができるのでしょうか?

自分、そして他人を受け入れることができたら楽だけど、それができないから、苦しくて悩んで。
誰もが一度は感じたことがあるような思いを丁寧にすくいとって、みんなの心にまっすぐ届けてくれる、
まさに、心に刺さるストーリーなんです。

○クラスメイトにいそうなキャラたち

どのキャラも、リアルにクラスメイトにいそうなタイプ。
だから、キャラの1人ひとりに親近感を感じるのかもしれません。
主人公の石田将也は、小学生の頃はガキ大将だったけど、ある出来事をきっかけに周囲から孤立してしまい、孤独や自己嫌悪と闘う日々を過ごしている男のコ。西宮硝子は、先天性の聴覚障害を持つ少女で、他人とのトラブルを避けるため愛想笑いがクセになっているコ。西宮硝子の妹・西宮結絃は、中学生。大好きな姉を守るために強く振る舞っていて、自分のことを「オレ」と呼んでいるコ。永束友宏は、将也が高校に入ってから初めてできた友達で、ぽっちゃり体型とモコモコ頭がトレードマーク。ほかにも、いるいる!と思わせられるキャラがたくさん。お気に入りのキャラを見つけてみてください。


○主題歌はaiko

この映画の主題歌は、aiko「恋をしたのは」。
aikoといえば、「カブトムシ」「ボーイフレンド」など恋する女子の気持ちが込められている歌が
多いですよね。彼女自身、「聲の形」の漫画が大好きで、自分のライブのMCで1巻のストーリーを熱く語ったほど。漫画への愛情もはんぱないだけに、主題歌にも気合が入っていること間違いなし。


友達や家族、まわりの人へ思いを伝えること。受け入れることの大切さを再確認できる素敵な映画。
それが、「聲の形」です。9月17日のロードショー、お楽しみに!
カテゴリ