シンガーとしても女優としても気になる!大原櫻子ちゃん

シンガーとしても女優としても気になる!大原櫻子ちゃん

愛くるしい笑顔で年齢性別問わず大人気の大原櫻子ちゃん。
彼女がマッシュルームヘアの時は髪型を真似するコが増えたりと、同世代の女子にもとっても影響力がある1人なのです。そんな彼女のデビューからのこれまでを振り返ってみたいと思います!

○人を惹きつける歌唱力


映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」では、約5000人が応募したオーディションを勝ち抜き、ヒロイン・理子の役を射止めた実力の持ち主。当時、大原櫻子ちゃんは、17歳の現役女子高生だったというから、スゴいですよね。演技経験はほとんどなかったけど、彼女の歌唱力はバツグン。2014年には、「第56回輝く!日本レコード大賞」で新人賞受賞、2015年には1stアルバム「HAPPY」がオリコンウィークリーチャート2位獲得、映画「ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」の挿入歌になった「キミを忘れないよ」をシングルリリース、NHK紅白歌合戦出場などと、注目を集めています。


○女優としても大活躍

JCJKにも大人気だった、2015年の月9ドラマ「恋仲」。あのドラマで、三浦七海役をやっていたのが、大原櫻子ちゃんです。福士蒼汰さん演じる主人公・葵の妹をキュートに演じていましたね。ほかにも、映画「舞妓はレディ」、ドラマ「水球ヤンキース」など話題作に出演していて、女優としてもこれからが楽しみです。今放送中の月9ドラマ「好きな人がいること」にも出演しているので、チェックしてみて!また、今年初めて挑戦したミュージカル「地球ゴージャス公演vol.14 The Love Bugs」で披露したダンスも話題になりました。12月から上演予定のミュージカル「わたしは真悟」では、再び彼女のダンスを観ることができるかも?


○生の歌声を聴くチャンス!

2016年8月5日(金)からは、厚木市文化会館からスタートする全国ツアーをスタート!彼女のファンとしては、ぜひとも生の歌声を聴きたいところですね。10月4日の日本武道館公演まで計16公演開催されるので、会場に足を運ぶ方はぜひ彼女の明るく清々しい歌声に聞きほれてください!


歌に踊りに演技にと、なんでもこなしちゃう大原櫻子ちゃん。158センチと小柄な体、そしてキュートなルックスからは想像できないほどのパワーです。まだまだ、大原櫻子ちゃんの快進撃から目が離せません!
カテゴリ