「苗字の日」にちなんで…日本全国にある珍しい苗字を紹介!

「苗字の日」にちなんで…日本全国にある珍しい苗字を紹介!

みなさんは9月19日が何の日か知っていますか?
実は「苗字の日」なんです!

○苗字を名乗るようになったきっかけ

人口が増えるにつれて、高まってきた苗字の必要性。
そこで、戸籍整理するために、一般市民も苗字を持つことが許可されたのが1870年9月19日でした。
しかし、当時の市民は苗字がなくても困らなかったので、苗字を名乗ろうとする人がなかなか現れなかったのです。
そこで、1875年2月13日にすべての国民が苗字を名乗ることが義務付けられました(のちに2月13日は苗字制定記念日となります)。

苗字の大半は、住んでいた地域と関係があるので、苗字を調べることで自分の家のルーツがわかることも!気になる人はぜひ調べてみてくださいね。

○珍しい苗字 芸能人編

佐藤さんや鈴木さんなど、よく聞く苗字もあれば、初めて聞くような珍しい苗字もあります。
珍しい苗字は一度で聞きとるのは大変ですが、すぐに覚えてもらえるというメリットがありそう。
芸能界やスポーツ界で珍しい苗字といえば・・・?

ラグビー日本選手・五郎丸さんの登場で、初めて「五郎丸」という苗字を知った人は多いはず。
また、女優・剛力彩芽さんの「剛力」も、珍しいですよね。
彼女のキュートな顔立ちと相反するかのような、勇ましい苗字はインパクトがあります。

○珍しい苗字 そのほか編

ほかにはどんな珍しい苗字があるのでしょうか?
漢字の読み方がまったくわからないようなものもあれば、意表をつくようなものもあります。

では、質問です。
珍しすぎて読めない名字ランキングで1位になったこともある「勘解由小路」という苗字、なんと読むかわかりますか?

答えは「かでのこうじ」。
京都の小路の名称が由来ですが、全国で10人ほどしかいないそう。
読み方や書き方を人に説明するのが大変そうですね。

カッコいい苗字だと、「西園寺」(さいおんじ)、「師子王」(ししおう)、「秀吉」(ひでよし)、「無敵」(むてき)などが挙げられます。
「雲母」(きらら)、「東雲」(しののめ)、「八雲」(やくも)などの美しい苗字や、「小浮気」(おぶき)、「回り道」(まわりみち)、「小鳥遊」(たかなし)、東京(とうきょう)、「猫屋敷」(ねこやしき)などのユニークな苗字など、調べはじめるとその奥深さにハマってしまいそう・・・。

「苗字の日」をきっかけに、自分の知り合いにどんな苗字の人がいるか思い出してみてはいかがでしょう?
意外と珍しい苗字もあるかもしれませんよ。
カテゴリ