腐男子高校生活 5話「 難ありな後輩たち 」【感想コラム】

腐男子高校生活  5話「 難ありな後輩たち 」【感想コラム】

突然ですが世の腐女子(書き手)の皆様、夏祭りの新刊準備は整いましたでしょうか。

うちの友人も先日ひーこら言いながらどうにか入稿にいたり、夏の風物詩を満喫しておりました。

酷暑が続いておりますのでくれぐれも!体調には気を付けて!今週末を楽しみ倒してきてください!!

参加者全員の無事の生還をお祈り申し上げております。


えー、そんなわけで腐男子高校生活第5話のあらすじと感想、いきましょうか!


■腐男子高校生活 第5話「 難ありな後輩たち 」

料理部でタダ飯(ハマチ漬け丼)をご馳走になり、見返りとして皿洗いをしていた坂口くん。

そんな彼に、手伝いを申し出た料理部の後輩、宮崎圭一くん。

だらしなくて甘えん坊な幼馴染の戸崎レイジのために料理部に入ったという彼の言葉に、「そんなクズ、マジでいるんだ」とドン引きしながらもちょっと萌えずにはいられない坂口くんなのでした。


■本当にいたら怖いやつ

さてようやく出てきました、幼馴染で片方はだらしない、片方は世話焼き(強制)という二人組の新キャラ!!

それはそうとして、今回ちゃんとあらすじらしいものが書けてちょっと感動しました。一貫してレイジのクズっぷりを出していたので非常にあらすじにしやすかったです。


しかしレイジ、本当に目の前に存在していたとしたらそっと距離を置いていきたいタイプの人間です。


あいつはダメだ……下手したら共依存に持ち込まれるタイプのやつだ……。

というか二次創作とか脳内妄想の中では当然のように圭一くんと共依存状態になっていたり、逆にレイジがヤンデレ化していそうだ……。

でも今回も、惜しげもなくBLテンプレを盛り込んでくれます腐男子高校生活!


「彼女なんて作らなくていいじゃーん!」とかもそうですが、不運が重なって同じ高校に進学することになったとか、家が近いので窓から部屋に侵入とか、本当にわかりすぎて辛いけどこれを実際にやる人間が身近にいたらストレスで胃が散開する予感しかしない。


圭一くんにはぜひとも胃の健康を第一にしてもらいたいです。


■主人公の坂口くんはというと

 


画像引用元:youtube.com


 


今回は新キャラ二人に印象を食われまくっていた坂口くんですが、ちゃんと腐男子してる部分も多々ありました!

まずは「たまには返しなさい。カラダで」と白鳥君に迫られるシーン。


そりゃ本人腐男子+白鳥くんオネエ+あのセリフなら、そういう意味でとっても仕方ない。

というかBLに限らずNLでもTLでもGLでもこのセリフでそういう展開に入っていくのめっちゃ多いですよね!!


あ、上記のアルファベットが分からない人はそのまま清いあなたでいてください。穢れよ去れ。


そして「甘えん坊な幼馴染のために料理部に入った」という紹介を聞いて即座に「それって男!?」と目を輝かせるシーン。

分かったからちょっと心の中に留め置きなさい坂口くん。これは同類でもヒキます。やめて差し上げて。その情熱はいったん飲み込んで。幼馴染という設定がおいしいのは痛いほど理解できるからこそ落ち着いて。


しかしレイジのクズっぷりを聞き、目にするにつけ「うわぁ……」と現実の世界を突き付けられていくのは見事でした。

妄想の世界ほど、現実は甘くも優しくもない……その通りだ……。


それでも最終的には「グッジョブBL」の言葉とともにスマホで撮る姿は揺るぎなかったですね!


さて、もう来週で折り返し地点に差し掛かるわけですが、はっやいな!!さすが5分(CMとか抜いたら3分)アニメですね!


公式サイトで発表されているキャラクターで未登場もあと一人となりましたし、よりいっそうワイワイとした雰囲気になるのが楽しみです!



腐男子高校生活 4話「 はじめてのオタク友達 」【感想コラム】



(あにぶ編集部/井之上)
カテゴリ