メイク前の土台ケアでメイクの70%は完成している(のかも)。早坂香須子さんに聞いてきた

メイク前の土台ケアでメイクの70%は完成している(のかも)。早坂香須子さんに聞いてきた



メイクしているけど、していないようなメイクを求めてしまうのは、やっぱり素肌の美しさがいちばん、と考えているから。
でもメイクを限りなくナチュラルに、素肌を美しく見せるって、ほんっとに難しい!
「メイクはメイク前のケアが大事なんです。だから、私は必ずクレンジングから始めます」
と話すのは、メイクアップアーティストの早坂香須子さん。
Philips Beauty 新商品発表会で、メイクテク...ではなく、メイクの仕上がりを格段にアップするビューティテクニックを教えてくれました。
メイクはクレンジングから
早坂さん曰く、クレンジングをして毛穴の汚れや余分な皮脂を取り除くことで、その後につける美容液が肌に浸透しやすくなるそう。
結果、メイク崩れしにくく、長時間美しい仕上がりを維持できるのだとか。
マッサージで土台を整える
早坂さんも愛用しているというフィリップスの美顔器。今回新たに、敏感肌の人のための「ビザピュア」(写真左)「ビザピュア アドバンス センシティブキット」(写真右)、スキンケア成分の浸透を高める「ビザブースト」(写真中)がお披露目された。
アイラインやシャドウテクニックで、ある程度見え方を変えることができるけれど、その分重ねるメイクは厚くなるし、メイクが落ちてしまえば元も子もありません。
早坂さんが仕事場で行っているのが、リンパの流れを意識したフェイスマッサージ。
タッピングヘッドをつけた「ビザピュア アドバンス」。エステティシャンが指で軽くたたいてくれているような、繊細で心地よい刺激によって、肌にハリと引き締め効果が期待できる。
「いつもモデルさんに手でマッサージしているのですが、タッピングヘッドを使ってからは、人の手の入らないところにギュッと入ってくれるので、これにジェラシーすら感じます(笑)」(早坂さん)
発表会では実際にモデルにマッサージを施して見せてくれたのですが、マッサージ前と後で頬の高さや目のかたちが変わってびっくり!
ポイントは次の3つ。

肌にハリを与えほうれい線を目立ちにくくする
美容液を内側から外側にくるくるまわしながら塗り込む。肌にふっくらハリがでることで、ほうれい線も目立ちにくくなるそう。

ここで使っていたのが「ビザブースト」。美容液をのせて、超音波による微細な振動と温感エステ効果によって、手ではできない、スキンケア成分の浸透が促せます。
首〜デコルテラインのリンパを流し、表情を明るく
あごから耳下腺にかけてなぞるように、デコルテはくるくるまわすようにしてリンパをマッサージ。

ここで使ったのは、タッピングヘッドをつけた「ビザピュア アドバンス」。最後に鎖骨の外側に10秒ほど押し当てることで、滞りがちな首やデコルテのリンパを流します。顔のむくみがとれ表情も明るく見えるように。
目のまわりをほぐし目のかたちくっきり
目頭から目尻、そしてこめかみへとなぞるように目のまわりをマッサージ。

ここではフレッシュアイヘッドを使用していました。音波振動と回転運動、ひんやりとしたヘッドの引き締め効果により、目元がすっきりするんだとか。

メイクより肝心なのは、その前の土台づくり。
この土台づくりさえちゃんと行っていれば、メイクの70%は完成したといえるのかも。
[フィリップス]
撮影・文/グリッティ編集部


カテゴリ