来春ついに「暗黒女子」ロードショー!イヤミスの世界にどっぷりとハマって

来春ついに「暗黒女子」ロードショー!イヤミスの世界にどっぷりとハマって


秋吉理香子の小説「暗黒女子」がついに映画化決定!


○イヤミスのストーリー

この「暗黒女子」は、まさにイヤミス。
イヤミスというのは、読んで後味が悪くなるストーリーのことです。
そういうと読みたくないと思うかもしれませんが、これがクセになってしまう女子が多いんです。
聖マリア女子高等学校が、舞台で、ある日、学校経営者の娘であり全校生徒の憧れの的だった白石いつみが屋上から落下して死んでしまい…。。自殺なのか他殺なのかもわからず、謎だらけ。ひとつだけわかっていることは、いつみの手にはすずらんの花が握られていたということ。白石いつみの後を継いで文学サークルの会長になった澄川小百合は、「白石いつみの死」をテーマに、メンバーの1人ひとりが書いた物語を朗読する定例会を開催することに。果たして、白石いつみの死の真実は?
と、なんとも気になるストーリーで、ぐいぐい惹きこまれていくのです。先の読めない展開に、ドキドキハラハラ。これは、まさにクセになる面白さ!



○気になるキャストは?

なんと、清水富美加さんと飯豊まりえさんのW主演!
文学サークルの部長である澄川小百合役は、清水富美加さん。
清水さんは、NHK連続テレビドラマ「まれ」で、主人公の同級生役を演じ、一気にお茶の間に知られた
女優さんです。そして、白石いつみ役は、飯豊まりえさん。セブンティーンや二コラの専属モデルでも知られている飯豊さんと、2人のW主演です。ほかにも、平佑奈さん、清野菜名さん、玉城ティナさん、小島梨里杏さんなど若手女優さんがズラリ。


○原作もチェック!

映画を観る前に、原作を読んでみては?秋吉理香子さんの「暗黒女子」は、イヤミスの代表作ともいえるでしょう。読むにつれてどんどん、いやなキモチがじわじわと広がっていきます。5人の女子高生が書いたそれぞれの小説から、いろんなことが浮き彫りになっていき、女子の暗くてときに残酷な部分を見事に描いています。男子が読むと、女子こわっ!とひくかもしれませんが、女子ならば、奥に潜んでいるような、ダークな部分って少なからずあるのではないでしょうか?小説と映画それぞれ違う楽しみがあるので、ぜひどちらもお楽しみください。

爽やかな青春モノもいいけど、ときには違うものもという方に、おすすめ!イヤミスの面白さ、「暗黒女子」で味わってみませんか?
カテゴリ