アラサーを過ぎても「かわいい」と言われたい!オトナのかわいいを身につけるコツ

アラサーを過ぎても「かわいい」と言われたい!オトナのかわいいを身につけるコツ

年を重ねると”かわいい”と言われる場面も年々減ってきた……と思っているアラサー女子は多いと思います。

でも、芸能人に限らずとも、30歳を超えてもまだ”かわいい”と言われる女性はたくさんいます。今でもかわいいと言われたいな……、そのためには生活習慣を見直してみましょう!



①若い子と同じファッションをしない


若い子と同じファッションしても、正直それは見る方からするとキツいです。

自分が思っている以上に、年齢と見た目は比例しているのです。

ファッションにはトレンドと似あうターゲットがあります。自分の年齢を受け入れて、似あうトレンドを取り入れることが重要ですね。

ファッション誌もターゲット層に合わせて、情報を提供しています。

無理に若い子に合わせなくたって、大人の女性として魅力的に見えますよ。

自分に似合う”かわいい”を見つけて、オトナとしての「かわいい」を身につけましょう。


 


②アンチエイジングの基本は、顔のインナーマッスル


アンチエイジングは女性にとって永遠のテーマ。

20代前半のような、回復力は失われ、不摂生はそのまま体に影響します。

30歳を超えると顔の筋肉は年齢とともに衰え、ほうれい線やシワが気になります。

そんなに気合いを入れる必要はなく、日常生活で顔のインナーマッスルをたくさん使えば自然とアンチエイジングにつながりますよ。

口角をしっかりと上げて笑う。ハキハキと話をする。食事中の咀嚼回数を増やすなど。どれも難しいことではありません。

ちょっとした工夫をすれば顔のインナーマッスルを鍛えることができますよ!

表情の豊かさは、明るく、ポジティブな印象を与えられるので、モテにつながります。


③ありのままの素直さを忘れない


年齢とともにポジションが変わり、仕事では責任も重くなってきますよね。

自分に自信を持ち、人として成長してきた証拠でもありますが、成長するにしたがって、自分の気持ちを素直に表現しにくくなりますよね。

たまには不満や自分の素直な気持ちを思いっきりはき出してみましょう。

どんな男性でも、女性には頼ってほしいもの。

「クールな子が、無邪気にはしゃぐ姿にキュンとした」、「いつも元気なのに、落ち込んでいて何とかしてあげたくなった」と、ギャップにやられてしまう男性は多いです。

ときには、自分の素直さを思い出してください。



30歳を超えると”かわいい”だけではやっていけませんが、やはり女心としては、”かわいい”と言われたいもの。

そのためには、生活習慣に少し変化をつけてみましょう。自分自身の気持ちだけではなく周囲があなたに持つ印象も変わるでしょう。


決して難しいことではないので、少しずつ実行してみてくださいね。そして、大切な男性に”かわいい”と言わせちゃいましょう!




カテゴリ