ヴェルサイユ宮殿監修の「マリー・アントワネット展」に行きたい!

ヴェルサイユ宮殿監修の「マリー・アントワネット展」に行きたい!


2016年10月25日から2017年2月26日まで六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催される「マリー・アントワネット展」は、なんとヴェルサイユ宮殿監修!これは、ぜひとも観にいきたいですね。


○絵画や展示物でわかる!激動の人生

世界史で、マリー・アントワネットの名前は知っているというJKも多いはず。
彼女の人生は、とってもドラマティック。栄華、そして転落と激動の人生が一目瞭然の、名画の数々。宮廷が誇る名画の迫力を、間近で感じてみて下さい。
絵画に、当時のヴェルサイユ宮殿での華やかな生活が見事に描かれています。ファッションリーダーでもあった彼女が、服や靴、アクセサリーなど身に付けた最新の流行のものにも注目しながら、絵画を眺めるとより楽しめますよ。

そして、スウェーデン人将校・フェルセン伯爵との恋で、燃え上がるマリー・アントワネット。このときの様子が伝わる、2人が使った暗号表の実物も展示。さらに激動の人生は続き、国家反逆罪で死刑判決を受けて、37歳で人生の幕を閉じます。絵画や展示物で見ることができる、最期にみせた毅然とした姿は、きっと印象に残ることでしょう。

ヴェルサイユ宮殿が日本で初めて企画・監修した、記念すべきこの「マリー・アントワネット展」、見ごたえたっぷりです。


○マリー・アントワネットの暮らしを原寸大で再現


マリー・アントワネット王妃のプライベートな空間を原寸大で再現しているから、まるで当時の彼女の部屋に迷い込んだかのよう。ヴェルサイユ宮殿でマリー・アントワネットが使っていた家具や食器、革命期に着ていた衣装まで展示。母親の影響で買い集めていたという日本の漆器コレクションの一部も、展示されています。現在は残っていない図書室も、設計図をもとにバーチャルリアリティーで再現しています。
教科書では知ることのできない、リアルなマリー・アントワネットがわかります。

○豪華コラボに注目!

そして見逃せないのは、この「マリー・アントワネット展」と、リラックマ、コリラックマのコラボ。マリー・アントワネットともいえる豪華なドレスをまとったリラックマ、コリラックマはここでしか見ることができません。限定コラボグッズもありますよ。

また、ラデュレともコラボ実現し、会場限定のオリジナルマカロンを発売。淡いピンクの、繊細なローズ風味のマカロンは、ぜひともゲットして。マカロンボックスも、とっても豪華です。

見ごたえはもちろんのこと、女子ならば憧れの華やかな世界も体験できて一石二鳥。
お母さんを誘って、いってみては?マリー・アントワネットの魅力にハマること間違いなし。
カテゴリ