朝シャワーは42度で顔色明るくなる

朝シャワーは42度で顔色明るくなる



できればあと1日休みたい...。
ぐだぐだしがちな連休明けの朝。さっと気持ちを切り替えるには、シャワーを浴びてさっぱりするのがいちばん。
すばやく体を温めたり、顔色をアップさせてメイクの時間を減らしたり。忙しい朝に効率よくシャワーを浴びる方法をご紹介します。
42度程度のシャワーで顔色アップ
42度程度のやや熱めのお湯を浴びることで、全身の血の巡りがよくなり、顔色もアップします。
ただし、あまり長く浴びていると、毛穴が開き切って、その後のメイクがあまりきれいにのらなくなるという説も。
熱い温度でのシャワーは、あえてざっと簡単に浴びる程度にしておくのがいいようです。
シャワーは体の背面に当てる
朝夕の気温が下がってきたころ。早く体を温めたいなら、背中側にシャワーを当てることが効果的。
背骨の横には太い血管が通っていて、この部分を温めることで血液が温まり、温まった血液が体を巡って全身をポカポカにしてくれるんです。
朝シャワーは立って浴びる
朝のシャワーは、シャワーフックにシャワーヘッドをかけた状態で、立ったまま浴びるのが効率的。
シャワーに背を向け、髪の毛を普通に垂らした状態でシャンプーやトリートメントを流せば、シャワーの温水が背中や仙骨を流れていくので、自然と全身を温められます。
一日の始まり。いかに快適に過ごすかで、その日の充実度も変わってきそうです。
写真/Shutterstock


カテゴリ