コンシーラー多色使い。ナチュラルな立体感が出せるクラウニングメイク

コンシーラー多色使い。ナチュラルな立体感が出せるクラウニングメイク



ベースメイクで小顔になれたら、少しうれしい。
そんな小顔効果を期待して、この夏、話題になったのがコントゥアメイク。
ベースメークをするときに、白のコンシーラーやシェーディング、ノーズシャドウを多用していくメイク方法です。その過程が、顔にアートを施しているようで、インパクト大でした。
クラウニングメイクでナチュラルな立体感
そしてこの秋、話題になっているのがコントゥアメイクを単純にしたクラウニングメイク。
クラウニングは、ベースメイクをするときに肌の色を補正していくことで、ナチュラルな立体感を出してくれるメイク方法です。
濃くなりすぎないので、失敗してメイク落としてやり直し、の心配がありません。そんなクラウニングメイクに必要なのは、肌の色を補正してくれるコンシーラーたち。
クラウニングのイメージがひとめでわかる動画がこちら。


フィルター加工したような肌に
モデルたちがベースメイクで使っているのは、ディオールのコンシーラー「FIX IT COLOR(フィックス イット カラー)」。ブルー、アプリコット、イエロー、グリーンの4色です。
ブルーは、くすみを一掃、アプリコットは、頬骨やあご先につけると立体感が出ます。イエローは、小鼻の赤み改善や青いクマに。グリーンは、赤みのある部分や吹き出物、ニキビあとを目立たなくしてくれます。
用途ごとにクラウニングすると、ベースメイクが肌になじんだ瞬間、顔の印象が一変。カラー補正だけでなく、毛穴や小じわをカバーしてながら、ふんわりとした光で気になる部分をなめらかにしてくれる効果も。
毎日のメイクにはもちろん、日中のメイク直しにも使えるアイテムです。
加工アプリでフィルターするのではなく、自分のメイクでフィルターをかけてしまうようなクラウニングメイク。自分が一番必要なコンシーラーをポーチに忍ばせておけば、美肌フィルターしないですむかも。
「フィックス イット カラー」は、9月30日(金)から発売です。
こちらも読まれています
・血色感チークが大人のデビューに自信をくれた #sponsored
・「透明感がある方が塗りたくるよりずっとセクシー」NARS創始者は語る
・秋だ。目尻はボルドーだ
[Dior]
文/グリッティ編集部


カテゴリ